愛知県の恐喝事件 前科回避を目指す弁護士

2014-12-15

愛知県の恐喝事件 前科回避を目指す弁護士

愛知県豊川市在住20代男性僧侶Aさんは、愛知県警豊川警察署により恐喝罪の容疑で逮捕されました。
同署によると、元交際相手の女性(26)を電話で脅迫した上、車で連れ回し、車内で「金をよこせ」といって現金を奪ったようです。
Aさんは「2万円は借りて返すつもりだった」などと言って容疑を否認しています。

今回の事件は、12月4日東スポWebの記事を基に作成しています。
ただし、地名、警察署名は変えてあります。

~恐喝罪とは~

恐喝罪とは、暴行や脅迫によって相手方を怖がらせて、お金などの金品や利益を脅し取る犯罪をいいます。
いわゆるカツアゲが例として挙げられます。
恐喝罪の法定刑は「10年以下の懲役(刑法第249条)」で、未遂も罰せられます(刑法第250条)。
恐喝罪は、金品や利益を奪う点・手段に暴行や脅迫を用いる点で強盗罪と共通しています。
恐喝罪と強盗罪の区別は、暴行や脅迫の程度で区別され、相手方が反抗できないほどの暴行・脅迫がなされた場合、量刑の重い強盗罪が成立します。

~恐喝罪の成立に争いがない場合は・・・~

実際に恐喝事件・強盗事件を起こした場合、弁護士を通じて、被害者への被害弁償及び示談交渉を行うことが急務になります。
なぜなら、恐喝罪の被害者との間で、被害弁償及び示談を成立させることで、逮捕・勾留を回避し、不起訴処分によって前科をつけずに事件を解決できる可能性があるからです。
逮捕・勾留による身柄拘束を回避し、前科がつかなければ、職場復帰や社会復帰する可能性を高めることもできます。

恐喝罪・強盗罪でお困りの方は、前科回避を得意とする愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にお任せください。