愛知県の傷害致死事件 少年事件に精通した弁護士

2015-09-20

愛知県の傷害致死事件 少年事件に精通した弁護士

愛知県瑞穂区在住の17歳の少年Aさんは、親子喧嘩の末、母親Vさんを包丁で刺しました。
そのため、翌日Vさんは病院で亡くなりました。
Aさんは愛知県警瑞穂警察署傷害致死罪の容疑で逮捕されました。
少年事件ですが、名古屋家庭裁判所は、Aさんを検察官送致(逆送)とする決定をしました。

本事件はフィクションです。

~検察官送致(逆送)とは~

少年法には、故意の犯罪行為により被害者を死亡させた事件の場合、少年が行為時16歳以上なら原則検察官送致(逆送)とされると規定されています。
Aさんは、原則として検察官により起訴され、成人と同じ刑事裁判を受けることになります。
しかし、検察官の裁量で刑事裁判にしないということも可能です。
また裁判所での、事実審理の結果、少年の被告人を保護処分付するのが相当であると認めるときは、事件を家庭裁判所に移送しなければならないとの規定もあります。
ですから、逆送されたとしても決して諦める必要はありません。

~検察官送致に対してできることは~

逮捕されてから間を置かずに、裁判官や家庭裁判所調査官等に働きかけ、あくまでも保護処分を求めていく必要があります。
さらに検察官送致(逆送)後、もし起訴されても、軽い刑を獲得するための活動だけでなく、再度家庭裁判所に事件を戻すような活動も行います。
このような弁護活動を行うためには、少年事件に精通した弁護士に依頼したほうが効果的ではないでしょうか。

傷害致死事件で未成年者を逮捕されてお困りの家族の方は、少年事件や刑事事件を専門に扱っているあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談して下さい。
(愛知県警瑞穂警察署の初回接見費用:36200円)