福岡支部

福岡支部所属 弁護士 岡嶋 美波(おかじま みなみ)

弁護士会 福岡県弁護士会
所 属 刑事弁護等委員会(予定)
出 身 岡山県
経 歴 広島大学 卒業
大阪大学大学院高等司法研究科 卒業
趣 味 料理、音楽鑑賞、ジム通い
座右の銘 初志貫徹

【略歴】

弁護士 岡嶋 美波私は広島県で生まれ、岡山県で育ちました。高校時代、私が進路を決めるにあたって一番に考えたことは、困っている人を助けることができる仕事に就きたいということでした。そのためには、世の中に存在する問題の解決の糸口となる法律を学ぶことが重要であると考え、法律を専門とする職業である弁護士を目指すことを決意しました。

高校卒業後、出身地であり馴染みの深い広島県の広島大学法学部に入学しました。卒業後、同じ夢を持つ、より多くの人々と切磋琢磨できる環境で法律を学びたいと考え、大阪大学大学院高等司法研究科(法科大学院)に進みました。

法科大学院の刑事弁護に関する講義において、刑事弁護人は、適切な手続きを行使し、迅速な対応をすることで被疑者、被告人の方々の利益を守ることができる唯一の存在であること、弁護活動を通して刑事裁判の目指す真実発見を追求することができることを学びました。このような経験を通して、私は、依頼者様の心配や不安を少しでも減らせることができる刑事弁護人になりたいと思いました。

弁護士として持ちうる知識を全て出し、依頼者様の力になれるように、全力で弁護活動に勤めて参りますので、よろしくお願い致します。

 

福岡支部所属 弁護士 澁谷 和利(しぶや かずとし)

弁護士会 福岡県弁護士会
所 属 なし
出 身 東京都
経 歴 立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部アジア太平洋学科 卒業
慶應義塾大学法科大学院 修了
趣 味 テニス,将棋
座右の銘 明鏡止水

略歴

福岡県の柳川高校,大分県の立命館アジア太平洋大学を卒業し,慶應義塾大学法科大学院を修了し,司法試験に合格して,弁護士になりました。
私は,中学生の頃に「ビギナー」というドラマを観て弁護士になることを志しました。
司法修習中には,裁判官・検察官・弁護人という法曹三者の視点から多くの刑事裁判に触れ,刑事弁護人という仕事がとてもやりがいのあるものであると感じ,刑事事件を専門に扱う弊所に入所いたしました。

弁護人が行うことのできる弁護活動というのは,多種多様であり,それぞれの事件の特色を考慮して最適な弁護活動を行っていく必要があります。
例えば,否認事件では否認を裏付ける事実を積み重ねたうえで法律的な主張をし,自白事件では再犯防止を裏付ける事実などを主張するということがあります。
そして,否認や再犯防止を裏付けるものとしてどのような事実を主張するかという点でも,弁護人ごとに主張する事実は異なり,その事件における重要な事実やその事件特有の事実を拾えなければ,検察官や裁判官を説得することは難しくなります。
そのため,一つ一つの事件で,当事者の方,依頼者の方と相談し,どのような弁護活動が当事者の方,依頼者の方のために最適かを考えていきます。

ページの上部へ戻る