神戸支部

弁護士 大谷 悠(おおたに ゆう)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 なし
出身 千葉県
経歴 早稲田大学法学部 卒業
東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻 修了
趣味 読書、温泉、ワイン
座右の銘 不撓不屈

経歴

弁護士 大谷 悠(おおたに ゆう)小学生の頃、弁護士が出演しているTV番組を見て、弁護士という職業を知り、答えのない問題を理論的に議論する姿から、弁護士に興味を持ちました。その後、人を裁くという誰かの人生を左右する局面に携わる法律家に興味深さを感じ、法律家を目指そうと思うようになりました。大学で法律を初めて学ぶと、一つの言葉を様々に解釈しながら最も妥当な結論を導こうとする法律の学問としての面白さも感じ、法律家への思いを強くしました。そして、どのような事件であっても柔軟に対応できる法律家を目指そうと思い、法律以外の分野の授業も積極的に受講し、様々な分野の知見を広めるように努めました。大学時代には、犯罪学や政治学を受講し、法科大学院時代には、法医学や法と経済学、立法学といった法律の周辺分野を受講するなどしました。

法律を学んでいく過程で、刑事事件が、どのような結末であっても人の将来を左右するものであり、その人の人生に多大な影響を与えるものであることから、刑事弁護の責任の重さを感じるとともに、刑事弁護のやりがいを感じ、法律家の中でも刑事弁護人を目指しました。最後まで決してあきらめない心をもって、刑事弁護活動にあたっています。

 

弁護士 呉 孝男(お ひょなん)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 なし
出身 神戸市
経歴 関西大学工学部 卒業
関西大学法科大学院 修了
趣味 サッカー、冒険系の山登り、料理
座右の銘 泰然自若

略歴

私の学生時代は、幼少期から大学卒業までサッカーに明け暮れる日々でした。卒業後は、学習塾の先生や料理の世界で働いていました。このように法律とは無縁の世界で生きてきた私ですが、ある日、友人に誘われ裁判の傍聴に行き弁護士に憧れたのがきっかけで、自分も目指すようになりました。

刑事裁判というのは、過去に起こった出来事を事後的に検証し、どういう事実があったのかを認定し、罪を確定し、裁いていくというものです。そしてその作業を行うのは人間であり、過去の事実を100%忠実に事実認定することなど、おそらくはできません。過去の事実を証拠から認定する場合、その証拠から考えられる可能性を徹底的に争ってこそ、少しでも真実に近づけるはずです。しかし、私が研修中に見た裁判員裁判は、証拠から起こりうる事実の可能性を、徹底的に争ったかどうか疑問の残るものであり、この事件はその後も私の心に残りました。争うからには徹底的にやらないと真実は見えてきません。また、刑事裁判は関わった人の人生を大きく左右するものです。裁判においてあらゆる可能性を考慮し、適正な刑事裁判の実現のため、刑事弁護士となる決意をしました。

 

弁護士 金山 明頼(かなやま あきら)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 刑事弁護委員会・刑事弁護フォーラム
出身 兵庫県
経歴 京都大学法学部卒業
同大学院法曹養成専攻 修了
趣味 野球観戦、旅行
座右の銘 千里の道も一歩から

略歴

兵庫県神戸市で生まれ、高校卒業まで神戸で育ちました。
その後、大学・大学院・司法修習時代を京都で過ごし、法律を学びました。

法律学を学び始めた当初から、刑法や刑事訴訟法といった、刑事に関する法律に興味を持ちました。刑事手続きでは、何が犯罪になるかや、どのように手続を進めていくかといった点に、厳密さが要求されています。この緻密な手続きの現場に携わりたく、法律家を志しました。

刑事事件・少年事件においては、どうしても捜査機関主導で手続きが進行していきます。その中で、被疑者や被告人の方の意見が十分に反映されるとは限りません。私は、弁護士として、被疑者・被告人の方の声が届き、納得できるような活動を行っていきたいと考えています。

刑事事件・少年事件では、短い期間の間に処分まで一気に進行してしまうこともあります。時間勝負の側面も多く、大変な点も多くあります。しかし、限られた時間の中で、足を使って即行動を信条として、頑張っていきたいと考えています。

ページの上部へ戻る