名古屋支部

弁護士 小林 達雄(こばやし たつお)

弁護士会 愛知県弁護士会
所 属 法教育の普及・推進に関する委員会
出 身 東京都
経 歴 中央大学法学部 卒業
中央大学法科大学院 修了
趣 味 食べ歩き、ラジオ
座右の銘 知らないことは恥である

【略歴】

日本には、一つの刑事事件に全身全霊で取り組む弁護士の方も大勢いらっしゃいますが、国選弁護制度は、必ずしも被疑者被告人の利益と弁護士の利益がマッチしていない部分があり、また、他の業務を行う中で刑事事件の弁護人を行うこととなる等弁護士が全力を挙げて取り組むにはやや難しい点があります。私が大学院時代に触れた事件の中にも、国選弁護人が現地での調査を怠ったために適切な弁護方針を立てられず、結果的に無期懲役が確定した事件がありました。その事件は現場の状況や人間関係をよく調査すれば被告人の犯人性に疑いを生じさせ得る事件であったように思い、調査の懈怠が悔やまれました。

こうした経験から、私は、弁護人の力量次第で被告人の人生が決まってしまうという事態はおかしいと考えるに至り、一つ一つの刑事事件に集中し、被疑者被告人の利益のために安定した高いクオリティの弁護を提供できる弁護士になりたいと思うようになり、刑事事件専門の当事務所に入所することとなったのです。

私の座右の銘は、中学校時代の担任の先生がおっしゃっていた言葉です。弁護士も完全ではなく、未知の事柄もあるでしょう。しかし、弁護士である以上「知らない」ことは許されないと思います。知らないことがなくなるまで研鑽をやめないという意味を込めて「知らないことは恥である」という言葉を自分の行動理念として、刑事弁護士として当然の業務を適切に行うことができるよう日々研鑽に励んでおります。

 

弁護士 杉野 高正(すぎの たかまさ)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 刑事弁護委員会
出身 大阪府
経歴 大阪市立大学 卒業
関西学院大学法科大学院 修了
趣味 料理、読書、映画・音楽鑑賞、日本酒
座右の銘 虚心坦懐

略歴

私は、大阪市立大学を卒業し、関西学院大学法科大学院を経て弁護士となりました。

大学では、経済学部に在籍しておりましたが、偶然履修した法哲学の講義をきっかけに法律家という職業に関心を持つようになりました。一念発起してロースクールに進学した後、ロースクールや司法修習で実務を学ぶにつれ、刑事事件への関心が強くなっていきました。

犯罪は、須らく憎むべき行為です。一方で、罪を犯すのは人間です。「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があるように、事件を起こした人にも様々な事情があり、ひとくくりにしてただ罰を与えればよいというものではありません。人は過ちを犯してしまう生き物です。だからと言って、犯した罪を全て水に流すことはできないかもしれません。しかし、私は、事件を起こしてしまった「人」に着目して、その「人」が同じ過ちを繰り返さないよう力になりたいと思っています。

刑事弁護をやるからには、徹底的に結果を追い求めるとともに、依頼者に納得していただける解決にこだわりたいと考えています。刑事事件と一口に言っても、事件が起きた背景や経緯は、千差万別です。依頼者を置き去りにすることなく、どのように事件と向き合っていくか、依頼者とともに悩み考えながら最善の弁護活動を模索していくという姿勢を大切にしています。

ページの上部へ戻る