大阪支部

大阪支部所属 弁護士 梶原 良平(かじわら りょうへい)

弁護士会 大阪弁護士会
所 属 刑事弁護委員会、子どもの権利委員会
出 身 福岡県
経 歴 立命館大学法学部 卒業
上智大学法科大学院 終了
趣 味 名所旧跡巡り、読書、野球観戦
座右の銘 為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり

略歴

私は、高校卒業まで福岡で育ちました。その後は、京都にある立命館大学法学部、東京にある上智大学法科大学院を卒業し、司法試験に合格しました。司法試験合格後弁護士になるまでの約1年間にわたって行われる司法修習では、香川県の高松で、一人前の弁護士になるべく勉強してきました。

立命館大学では、刑事訴訟法や少年法、刑事政策などについて学ぶゼミに所属していました。そこでは、活発に議論を行ったり、実際に刑務所に見学に行ったりと様々な経験をしました。その中でも特に、元受刑者の方のお話を聞き、一緒にお酒を飲ませていただいたのが印象に残っています。この時、私は、罪を犯してしまった人も同じ人間なのだという当たり前のことを実感することができました。そして、そのような人たちが、罪を償ったのに社会に戻れずに苦しんでいたり、社会的に重い制裁を受けていたりすることを知りました。

もちろん、一番辛いのは、被害者やその家族です。ですが、加害者なら、どのような不利益であっても、受け入れなければならないわけではないはずです。依頼者の方が実際に犯罪を行なってしまっていたとしても、適切な手続きに則った適切な処罰を求めることで、微力ながら、罪を償った後に社会に戻ってこられる手助けをさせていただきたいと思っています。

 

大阪支部所属 弁護士 末吉 大介(すえよし だいすけ)

弁護士会 大阪弁護士会
所 属 刑事弁護委員会,犯罪被害者支援委員会
出 身 宮崎県
経 歴 早稲田大学法学部 卒業
大阪大学高等司法研究科 修了
趣 味 テニス、読書、散歩、カラオケ
座右の銘 晴耕雨読

略歴

私は中学生のころ、大平光代さんが書かれた「だからあなたも生きぬいて」という本を読んで、弁護士という職業に興味を持ちました。
それから文系に強い地元の高校に進学し、早稲田大学法学部、大阪大学高等司法研究科(法科大学院)で法律を学んできました。
世話好きな性格もあり、高校では生徒会長、法科大学院では学生代表という自治組織の長として、いろいろな学生の悩みや要望をどのようにしたら学校側にうまく伝えられるのか、受け入れてもらえるのかを模索してきました。

また、法科大学院修了後、数年間飲食業で働いたことがあり、働きながらお客さんといろいろな話をする中で、コミュニケーションの大切さを学びました。
これらの経験から、私は弁護士として、依頼者様を始めとした当事者の方々とのコミュニケーションを大切にし、どのようにしたら事件にうまく向き合い、解決に導けるのかを模索していこうと思います。

特に、刑事事件は時間が切迫していたり、事件の流れや捜査情報がよく分からなかったりして、当事者の方や周りの方は不安に感じられることと思います。
私は、限られた時間の中でも内容を分かりやすくお伝えできるように、丁寧に対応していきたいと考えています。
皆様にご理解をいただき、ご満足いただけるよう、誠心誠意取り組んで参ります。

 

堺支部所属 福井 謙多朗(ふくい けんたろう)

弁護士会 大阪弁護士会
所 属 刑事弁護委員会、子どもの権利委員会、法教育委員会(すべて予定)
出 身 大阪府堺市
経 歴 同志社大学法学部 卒業
同志社大学大学院司法研究科 修了
趣 味 アロハシャツ、野球、音楽(ドラム)、お酒(日本酒や泡盛)
座右の銘 倜儻不羈(てきとうふき)

【略歴】 

大学へ入学し、初めて法律学を勉強する中で、最も興味を持ったのが刑事法分野でした。そしてその中でも、犯罪学(犯罪の原因論や予防論、など)や刑事政策に特に関心を持ち、司法の世界を目指しました。当初は検察官を目指していましたが、1年間の司法修習を通じて、検察官から刑事弁護人へと自分の思いは変化していきました。その理由の1つは、被疑者や被告人の犯罪の原因をつきとめ、その人が二度と犯罪に手を染めないようにするにはどうすればいいのか、といった側面から刑事事件を考えることができるのは、検察官ではなく弁護人であると思ったからです。検察官は被疑者を起訴するか否かを決する権利を有していますが、真の解決のためには「起訴か不起訴か」という判断だけでは足りないと思いました。

私の座右の銘の「倜儻不羈」とは、「才気がすぐれ、独立心が旺盛で、常軌では律しがたいこと」を意味します。我が母校である同志社の校祖・新島襄の教育理念の1つです。罪を犯してしまった人々を、その苦しみから救うのは並大抵のことではありません。特に、刑事事件で一方当事者となる検察官は、とても大きな権力です。倜儻不羈の精神を胸に、真の意味での解決ができるよう、努力していきます。

ページの上部へ戻る