さいたま支部

さいたま支部所属 弁護士 中村 祐介(なかむら ゆうすけ)

弁護士会 埼玉弁護士会
所 属 刑事弁護委員会(予定)、刑事弁護フォーラム
出 身 神奈川県
経 歴 慶應義塾大学法学部 卒業
早稲田大学法科大学院 修了
趣 味 読書、散歩
座右の銘 初心忘るべからず

【略歴】

私は、子供の頃、推理小説を読むのが好きで、そこから犯罪について興味を持つようになりました。そして、司法修習中に刑事裁判を見ていく中で、それまでの漠然とした興味から、具体的にかかわる仕事をしたいという気持ちに変わりました。中でも弁護士を選んだのは、検察官や裁判官に比べ、多様な活動を、自ら選択して行える点にやりがいを感じたからです。

刑事事件において、犯罪を行っていない人が処罰されないことは当たり前ですが、たとえ犯罪を行ってしまった人であっても、取調べや裁判において不当な扱いをされてはならないのも当然のことです。もっとも、その当然のことを実現するのは、言うほど簡単なことではありません。不当な身柄の拘束や、裁判での不当な刑罰等を回避するために、どのような活動をすることが必要かは、事件の内容によって異なります。また、依頼者の方が何を望んでいるのかによっても、異なってきます。

私は弁護士として、それぞれの依頼に対して、最良の活動が何かを見極めて実行し、依頼者様にとって最良の結果を出せるように、常に努力しつつ活動していきます。

 

さいたま支部所属 弁護士 前田 真一(まえだ しんいち)

弁護士会 埼玉県弁護士会
所 属  刑事弁護センター運営委員会
出 身  大阪市 
経 歴 京都大学法学部 卒業
広島大学法科大学院 修了
趣 味  ギター・音楽鑑賞(ヘヴィメタル)、カラオケ、読書、焼酎 
座右の銘  初心忘れるべからず 

略歴

私は、大阪市で生まれ、兵庫県川西市で育ちました。
私が法律家を目指した理由は、人の人生がかかった重大な問題に関わるという、やりがいのある仕事をしたかったからです。そのような思いで、京都大学法学部、広島大学法科大学院と進学し、司法試験に合格して司法修習を終了しました。

私は、刑事事件には大きいも小さいもなく、全ての事件がその人の人生を左右しかねない重大な問題を孕んでいると考えています。重い処罰が見込まれる事件はもちろんのことですが、たとえそうでない事件であっても、捜査対象となることや前科がつくことなどにより、その人の人生を大きく左右してしまうのはよくあることです。したがって、私は、どんな刑事事件・少年事件であっても、依頼者の人生がかかっているということを肝に銘じて弁護活動をしております。

そして、そのように重大な問題だからこそ、自分が弁護士として依頼者のために何ができるのか、思いつく限り考え、行動に移すようにしています。依頼者のためにできることは、その事件その事件で様々であり、弁護活動の内容には無数の可能性があります。刑事弁護に決まった型はありません。事件に応じて、依頼者にとって最適な弁護活動を選択できるように、まずは、自由な発想で依頼者のために何ができるのかを考えるよう心掛けています。

ページの上部へ戻る