東京支部 弁護士

東京支部所属 弁護士 足立 直矢(あだち なおや)

弁護士会 第二東京弁護士会
所 属  刑事弁護委員会、犯罪被害者支援委員会、刑事弁護フォーラム
出 身  鳥取県
経 歴  大阪大学卒業
予備試験合格
趣 味  テニス ダーツ 映画鑑賞 食べ歩き
座右の銘  千里の道も一歩から

略歴

私は、幼い頃から困っている人の役に立つ仕事をしたい、と思い、高校、大学へ進学するにつれ弁護士という仕事とその魅力を知り、司法試験を目指すようになりました。

大学進学後,少年に関わった保護司の方の講演や刑事政策の講義を受講し,刑事事件の最中にある方が、いかに困難な状況におかれているかを知り、そのような人の助けになるにはどうしたらよいだろうと考え、刑事弁護人となる気持ちを強めてきました。

司法試験後の修習期間中も被疑者被告人とされた方が,今後どのように暮らしていけばよりよく生きられるのかを考えながら事件を見てきました。その中で,罪を犯してしまったことを非難するだけでは何も解決せず,どうして今に至ったのかを一人一人と向き合って考えることが大切であると実感いたしました。

刑事事件においては、全てに時間的な制約があります。その限られた時間の中で依頼者の方にとって一番必要なものが何かを寄り添って一緒に考え,納得の頂けるよう、あなたにお願いしてよかったと言っていただけるような事件の終結を見ることができるよう,日々の研鑽怠らず活動して参ります。

 

東京支部所属 弁護士 伊藤 正人(いとう まさと)

弁護士会 第二東京弁護士会
所 属 子どもの権利に関する委員会(予定)、裁判員センター(予定)、刑事弁護フォーラム
出 身 静岡県
経 歴 一橋大学法学部 卒業
司法試験予備試験 合格
東京大学法科大学院 卒業
趣 味 音楽鑑賞、読書、ウェイトトレーニング
座右の銘 人は誰もが等しく、誰も同じではない

【略歴】 

私は、学生時代にカミュの『ペスト』を読み、誰もがそれぞれ困難に直面していること、困難に立ち向かう人であれば誰であっても自分と同じ立場にあること、誰であっても協力して困難に立ち向かえることを強く意識しました。その意識の下、たとえどんな人であっても味方になれる弁護士になりたいと思ったのが、私が刑事弁護に関心を抱くようになったきっかけでした。

修習生のときには、弁護人がついていれば不起訴に終わったであろう事件や、弁護人が活動したからこそ早期の身体解放が果たされた事件を目にし、弁護人の重要性を肌に感じ、被疑者・被告人の権利のために戦うことの出来る弁護人となることへの決意を新たにしました。

私は、法曹の世界には、かわいそう「だけど」ということは無い、被疑者・被告人の方に対し少しでも共感するところがあるのならば、その方のために戦い、共同戦線を築くことが出来る、そのように信じ、この信条の下に、日々邁進しております。

 

東京支部所属 弁護士 上田 孝明(うえだ たかあき)

弁護士会 東京弁護士会
所 属 税務特別委員会, 刑事弁護委員会(予定),刑事弁護フォーラム
出 身 東京都
経 歴 京都大学法学部   卒業
京都大学法科大学院 修了
趣 味 読書
座右の銘 初心忘れるべからず

略歴

私は、事件の渦中にあるクライアントの力になりたいとの思いから、東京の中小企業の企業内弁護士として勤務しておりました。その一方で、刑事弁護は弁護士の第一の使命という信条に感銘を受け、企業に勤める傍らで、弁護士として国選事件などの刑事事件を担当してきました。刑事事件を担当する中で、厳しい立場に置かれているクライアントの力になれるようになりたいと考え、刑事事件を専門とする弊所に入所しました。

なぜ悪いことをした人の弁護が必要なのかと疑問に思われることがあるかもしれません。しかし、本当に悪いことをしたかどうかは裁判でなければ明らかになりません。仮に悪いことをしたとしても、どの程度悪いことなのか、何が原因なのか、その悪いことに対してこの刑罰は適切なのかを明らかにしなければ、正しく裁判が行われたとはいえません。残念ながら、現実としては、悪いことをしたかどうか明らかでないのにもかかわらず、身柄を拘束されて不当な取り調べを受け、会社に行けなくなり失職するなど甚大な不利益を負わされることが多々あります。そのようなことにならないよう、逮捕前から裁判が終わるまで、被疑者被告人をはじめとしたクライアントの皆様の力になっていきます。

 

東京支部所属 弁護士 小林 達雄(こばやし たつお)

弁護士会 第二東京弁護士会
所 属 法教育の普及・推進に関する委員会
出 身 東京都
経 歴 中央大学法学部 卒業
中央大学法科大学院 修了
趣 味 食べ歩き、ラジオ
座右の銘 知らないことは恥である

【略歴】

日本には、一つの刑事事件に全身全霊で取り組む弁護士の方も大勢いらっしゃいますが、国選弁護制度は、必ずしも被疑者被告人の利益と弁護士の利益がマッチしていない部分があり、また、他の業務を行う中で刑事事件の弁護人を行うこととなる等弁護士が全力を挙げて取り組むにはやや難しい点があります。私が大学院時代に触れた事件の中にも、国選弁護人が現地での調査を怠ったために適切な弁護方針を立てられず、結果的に無期懲役が確定した事件がありました。その事件は現場の状況や人間関係をよく調査すれば被告人の犯人性に疑いを生じさせ得る事件であったように思い、調査の懈怠が悔やまれました。

こうした経験から、私は、弁護人の力量次第で被告人の人生が決まってしまうという事態はおかしいと考えるに至り、一つ一つの刑事事件に集中し、被疑者被告人の利益のために安定した高いクオリティの弁護を提供できる弁護士になりたいと思うようになり、刑事事件専門の当事務所に入所することとなったのです。

私の座右の銘は、中学校時代の担任の先生がおっしゃっていた言葉です。弁護士も完全ではなく、未知の事柄もあるでしょう。しかし、弁護士である以上「知らない」ことは許されないと思います。知らないことがなくなるまで研鑽をやめないという意味を込めて「知らないことは恥である」という言葉を自分の行動理念として、刑事弁護士として当然の業務を適切に行うことができるよう日々研鑽に励んでおります。

 

東京支部所属 元裁判官 弁護士 竹花 俊徳(たけはな としのり)

弁護士会 第二東京弁護士会
所 属 刑事弁護委員会、環境保全委員会(いずれも予定)
出 身 長野県
経 歴 中央大学法学部 卒業
旧司法試験 合格
趣 味 散歩、読書、囲碁対局の視聴
座右の銘 誠心誠意、真実は細部に宿る

略歴

司法研修所を卒業して裁判官に任官され、民事、刑事、家事、少年の各裁判を担当しておりました。

東京高等裁判所及び東京、横浜、千葉、静岡等の各地裁で刑事裁判を中心に担当し、長野、静岡(いずれも刑事)、仙台高裁秋田支部(民事・刑事)で裁判長を務め、水戸及び静岡の各家庭裁判所の所長を務めて退官いたしました。人間の生きざまがひしと伝わってくる刑事裁判に強く惹かれて裁判官としての業務に打ち込み、事件にも恵まれて様々な体験を得ることができました。そうした経験から、的確な事実認定、バランスの良い判断には自信があります。裁判官退官後の現在は、国民の側に立って、より良い司法の実現に貢献できればと考え、当事務所で刑事弁護士として活動しております。

 

東京支部所属 弁護士 福地 海斗(ふくち かいと)

弁護士会 第二東京弁護士会
所 属 未定
出 身 千葉県
経 歴 中央大学法学部 卒業
予備試験 合格
趣 味 料理、映画鑑賞
座右の銘 百聞は一見に如かず

【略歴】 

困っている人の役に立ちたいという思いから、弁護士を志しました。私が刑事事件に興味を持ち始めたのは、小学校高学年の頃です。被疑者、被告人を一方的に責め続けるような報道に違和感を覚えたことがきっかけでした。大学では刑事訴訟法のゼミに所属し、刑事手続への理解を深めました。司法修習では、弁護士として依頼者と真摯に向き合う姿勢を学びました。

事件の公正な解決を実現するためには、罪を犯した人を責めるだけではなく守る視点も必要です。同じ犯罪であっても、罪の軽重には差があります。例えば、罪名が同じであっても、被害の程度や動機の内容といった様々な事情によって、適正な刑事処分が変わります。また、刑事手続は、被疑者や被告人の方の社会生活に大きな影響を与えます。被疑者、被告人の方の家族や仕事に不当な影響があってはなりません。

依頼者の方は、これからどのように手続が進んでいくのか、どのような刑事処分になるのか、大きな不安を抱えていると思います。少しでも安心していただくためには、丁寧なやり取りが必要です。なぜ逮捕されたのか、今後の処分の見通しはどのようなものかといった疑問に答え、皆さんの不安を少しでも解消できるよう尽力します。

 

八王子支部所属 弁護士・元会計検査院官房審議官 星野 昌季(ほしの まさき)

弁護士会 第二東京弁護士会
所 属 刑事弁護委員会(予定)、刑事弁護フォーラム
出 身 東京都
経 歴 中央大学法学部法律学科 卒業
旧司法試験 合格
趣 味 読書(M・ウェーバー関連、政治、歴史等)、観劇(ミュージカル)、
讃美歌その他の歌曲と詩歌ほか
座右の銘 汝(なんじ)死に至るまで忠実なれ さらば我、汝(なんじ)に命の冠を与えん

略歴

大学卒業と同時に会計検査院に採用され、永年、行政官僚として霞が関に勤務。若き調査官時代から幹部職員時代まで一貫して、各省庁における事業・予算の執行を始め、地方自治体(全国の都道府県・市町村)その他の団体における国庫補助事業等の予算執行に対する会計検査を通じ、我が国社会における予算執行の適正化のために尽力して参りました。

また、その間、行政官国内研究員(司法修習コース)として2年間の司法修習を終了しており、平成13年以降の国の情報公開法制の草創期には情報公開訴訟等にも関与して、幾つかの重要判例・答申を得るなどの経験もしております。

かねてより我が国社会における二つの大きな課題は「予算執行の適正化」及び「刑事手続の適正化」であると考えて参りましたが、近年、我が国の予算執行については劇的なまでの改善・適正化が図られてきたものと認識しており、これにはいささかの貢献をしてきたものと自負しておりますが、会計検査院官房審議官を以て依願退官し、刑事弁護士に転身することに。今後は当事務所において、「刑事手続の適正化」というもう一つの課題に向けて全力を傾注して参りたいと思います。

 

東京支部所属 弁護士 穂積 響(ほづみ ひびき)

弁護士会 第二東京弁護士会
所 属 刑事弁護委員会(予定)、刑事弁護フォーラム
出 身 千葉県
経 歴 東京大学法学部 卒業
東京大学法科大学院 修了
趣 味 TVゲーム、ラーメン屋巡り
座右の銘 案ずるよりも産むが易し

【略歴】

私は、大学・大学院在学中に数ある法分野の中でも刑事法の体系に特に興味を持ちました。そして、現在の日本の「被疑者が逮捕された」というだけであたかも救いようのない悪人のように扱われ、社会から厳しい非難を受けるという現状に疑問を持ちました。そのような立場に置かれた人の力になりたいと思ったため、刑事弁護人となる決意を固めました。

今の日本では、犯した罪とそれに対する罰の均衡が全く取れていないのではないかと思います。(ここでの「罪」とは犯罪にあたる行為のみでなく、広い意味での「悪事」をいい、「罰」とは刑罰のみならず社会から加えられる制裁・非難をいいます。)自分が罰を加えられる側に立たされることなどありえない、という思い込みの下、どんな罪に対してもとにかく重い罰を下せばよい、というような考えが広まりつつあるのではないかと思います。

ひとりの人間が立ち直るということは、その人の分だけ社会全体が良くなるということです。私は、目の前の依頼者ととことん向き合いその力になるとともに、ただ重い罰を下そうとするのではなく、その人は本当に罪を犯したのか、罪を犯してしまった原因は何なのか、どうすれば同じことを繰り返さなくなるのか、とみんなで考えられる社会づくりを目指していきたいと思っています。

ページの上部へ戻る