三重県の暴行事件 勾留阻止を得意とする弁護士

2015-01-18

三重県の暴行事件 勾留阻止を得意とする弁護士

住所不定無職30代男性Aさんは、三重県四日市北警察署により暴行の容疑で現行犯逮捕されました。
同署によると、四日市市内のテーマパークのゲート前で、警備員の20代男性の顔を手にしたコーヒーの缶で数回殴ったようです。
Aさんは、黙秘しているそうです。

今回の事件は、1月12日の読売新聞の記事を基に作成しています。
地名や警察署については、修正しています。

~逮捕後に弁護士と面会~

暴行事件逮捕されても、適切な取り調べ対応と弁護活動によって早く留置場から出ることができます。
逮捕された方が早く留置場から出るには、逮捕後に勾留されないことが大切です。
そのためには、逮捕後の早い段階で、弁護士と面会して取り調べ対応を協議すること、そして身元引受人の協力を得ることが大切となります。
その上で、弁護士から検察官や裁判官に対して、本人の反省と二度と事件を起こさない旨を主張し、釈放してもらうよう働きかけます。

~初回接見サービス~

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、初回接見サービスを実施しております。
初回接見とは、ご契約前に、弁護士が警察署などの留置施設に出張して、逮捕・勾留されている被疑者・被告人の方と面会するサービスです。
初回接見を通じて、被疑者・被告人の方に、弁護士から取調べの対応や事件の見通しについて法的なアドバイスをご提供いたします。
初回接見後は、担当弁護士からご依頼者様に対して、直ちに接見の状況や伝言をご報告させていただきます。

暴行事件でお困りの方は、勾留阻止を得意とする愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にお任せください。