名古屋の刑事事件 飲酒運転で逮捕

2014-06-09

名古屋の刑事事件 飲酒運転で逮捕

名古屋市熱田区在住の公務員Aさんが飲酒運転をしたとして愛知県千種警察署に道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で逮捕されました。
Aさんのご家族が刑事事件に強い弁護士事務所に相談に来ました。
飲酒運転の弁護を刑事事件に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所に依頼に来ました(フィクションです)。

飲酒運転については、道路交通法上、酒気を帯びた状態で運転する酒気帯び運転と、アルコールの影響で正常な運転ができないおそれがある状態で運転する酒酔い運転に分けて罰則が規定されています。
酒気帯び運転は、基準値以上の血中アルコール濃度又は呼気中アルコール濃度が検出された場合に処罰されます。
酒気帯び運転の基準に照らして多量のアルコール濃度が検出された場合には、より法定刑の重い酒酔い運転で処罰される可能性が出てきます。

飲酒運転については、2007年の道路交通法改正により、酒気帯び運転、酒酔い運転共に罰則が強化されて厳罰化されるとともに、飲酒運転を容認・助長することになる車両提供者・酒類提供者・同乗者についても罰則が定められて処罰範囲が拡大されました。

飲酒運転については、初犯であれば略式裁判による罰金処分で済むことが多いですが、検出された血中又は呼気中アルコール濃度が高い場合には、初犯であっても正式裁判になることがあります。
また、飲酒運転の前科がありながら飲酒運転を繰り返している人や執行猶予期間中に飲酒運転をした人は、実刑判決によって刑務所に収容される可能性が出てきます。

飲酒運転を起こして弁護をお望みの方は 刑事事件に強い、交通事故・交通違反事件に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所まで無料相談ください