名古屋市の強姦事件で逮捕 減刑の弁護士

2015-08-16

名古屋市の強姦事件で逮捕 減刑の弁護士

名古屋市中川区在住30代無職Aさんは、愛知県警中川警察署により強姦の容疑で逮捕されました。
同署によると、路上で20歳代の女性に後ろから近づき、刃物のようなものを突きつけて「騒ぐと首を切るぞ」などと脅し、乱暴したそうです。
(フィクションです)

~判例の紹介~

紹介する判例は、平成22年10月10日、京都地方裁判所で開かれた強盗強姦、住居侵入等被告事件です。

被告人は、マンション管理会社の関係者を装い被害者宅に侵入したうえで、被害者に流し台下の配管番号を確認させ、犯行に及んでいました。
被害女性は、目隠しされ手を縛られた状態で、性的暴行を受けていました。
犯行手口は、証拠を残さないようマスクとゴム手袋で犯行に及び、脅しの材料に使うため携帯電話で犯行の様子を撮影するなど、極めて計画的でした。
さらに被害者自身に掃除させるなどして証拠隠滅を図り、現金まで奪った犯行には、際立った卑劣さがありました。

裁判長は、被告人が起こした4件の事件について、
「犯行は卑劣で悪質」「被害者が受けた恐怖感、屈辱感の精神的苦痛は計り知れない」
などと述べ、以下の通り判決を言い渡しました。

【判決】
懲役25年

強姦事件でお困りの方は、示談交渉を得意とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
謝罪と示談交渉をすることで、減刑される可能性が高くなります。
まずは、無料相談にて刑事事件・少年事件として評判のいい弁護士にご相談ください。
なお、愛知県警中川警察署に逮捕された場合は、初回接見サービスをご利用ください(初回接見費用は、3万5000円です)。