名古屋市の御璽偽造罪で逮捕 不起訴の弁護士

2015-06-05

名古屋市の御璽偽造罪で逮捕 不起訴の弁護士

名古屋市中区在住50代男性無職Aさんは、愛知県警中警察署により御璽偽造罪の容疑で逮捕されました。
同署によると、Aさんは、行使の目的で御璽(天皇の印章)を自宅で作成した疑いが持たれています。

今回の事件は、フィクションです。

~御璽偽造罪とは~

御璽偽造罪とは、行使の目的で、御璽、国璽又は御名を偽造した場合に成立します(刑法164条)。
御璽偽造罪の法定刑は、2年以上の有期懲役です。
御璽、国璽若しくは御名を不正に使用し、又は偽造した御璽、国璽若しくは御名を使用した者も同様に処罰されます。

~御璽とは~

御璽とは、天皇の印章をいいます。
天皇の行為であることの証明として、法律や政令などの公布文や認証文に押されるものです。

~判例~

御璽偽造罪に関する判例は、ほとんどありません。
事件自体起きるのが稀な事案です。

御璽偽造事件でお困りの方は、不起訴を得意とする愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にお任せください。
不起訴処分のためには、早めの法律相談が絶対条件です。
一人で悩まず、とりあえず相談してみるという姿勢が重要です。
なお、大切な人が愛知県警中警察署などに逮捕されたという場合は、弁護士を警察署に派遣することも検討した方がよいでしょう(初回接見:3万5500円)。