愛知県の刑事事件 元交際相手への強制わいせつ事件で弁護士

2016-01-14

愛知県の刑事事件 元交際相手への強制わいせつ事件で弁護士

愛知県豊川市在住のAは、元交際相手Vのことをあきらめきれず、V宅にて復縁のための交渉をしていた。
しかし、Vは否定提起でなかったものの躊躇していたため、押し倒してしまおうと考えたAは、Vに対してわいせつな行為を行った。
Vが告訴したため、Aは愛知県警豊川警察署に逮捕されてしまった。
Aは、Vが明確に拒絶していたわけではなかったため、意外に思っている。
何とか告訴を取り下げてもらいたいAは、刑事事件で評判のいい弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

~強制わいせつ罪などの親告罪と集団強姦罪などの非親告罪~

強制わいせつ罪強姦罪、準強制わいせつ罪や準強姦罪は、被害者のプライバシーを守るため親告罪とされています。
親告罪とは、被害者の告訴がないと刑事裁判を起こすことができない犯罪のことをいいます。
ですので、一度告訴されてしまっても、告訴を取り下げてもらうことが出来れば、刑事裁判にかけられることはなくなります。
性犯罪には、親告罪とされているものが多くあります。

しかし、性犯罪の中でも親告罪とされていないものもあります。
例えば、集団強姦罪、強制わいせつ致死傷罪や条例違反として処罰される性犯罪(盗撮など)などです。
これらは、親告罪と対比して非親告罪と呼ばれています。

非親告罪は、刑事裁判を提起する条件として告訴を必要としません。
ですから、告訴がされていないからと言って、安心することはできません。
また集団強姦罪や強制わいせつ致死傷罪などの場合は、重大犯罪ですから、厳罰に処せられる可能性すらあります。

強姦事件などで告訴の取り下げをしてもらいたい方は、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
身柄を拘束されていない場合には、直接弊所にお越しください。
初回法律相談は、無料でお受けしております。
既に身柄を拘束されている場合には、弁護士が面会(接見)にも参ります。
(愛知県警豊川警察署への初回接見費用:4万1500円)