名古屋市中村区の暴行事件 被害届取下げに強い弁護士

2016-01-16

名古屋市中村区の暴行事件 被害届取下げに強い弁護士

~被害届取下げの効果~

早期の事件解決のためには被害届の取下げは有効です。
事件を長期化させたくない方は、刑事事件で評判のいい弁護士にすぐにご相談ください。
例えば、次のようなケースです。

大学生のAは、名古屋市中村区内の駅構内で、前に立つVを線路内に突き落とそうとした。
Aの犯行を目撃していた駅員が止めに入ったためVは無事であった。
Aは、後に愛知県警中村警察署で取調べを受けたものの、逮捕されることはなかった。
しかし、怒り心頭のVは即日被害届を提出するなど、Aの処罰を強く望んでいる。
その後、事件の長期化を防ぎたいAは、刑事事件に強い弁護士に相談することにした。
(フィクションです)

被害届が提出されると、刑事裁判にかけられやすくなります。
なぜなら、被害者が加害者を処罰することを望んでいるという意思が明らかになるからです。
反対に、被害届が出されてしまっても、取り下げられれば、被害者は処罰を望んでいないということが明らかになります。
ですので、被害届が取り下げられると、刑事裁判にかけられ、前科が付いてしまうことを防ぎやすくなります。

~被害届を取り下げてもらうためには~

被害届を取り下げてもらうには、被害者と交渉を行い、取り下げの意思を警察、検察等に伝えてもらわなければなりません。
しかし、犯罪の加害者が被害者と話をしようとしても、会ってもらうことすらできません。
たとえ、会って話をできたとしても、被害感情から冷静に話をすることが出来ず、最悪の場合さらに関係を悪化させてしまうことすら考えられます。

一方、第三者である弁護士が間に入り、緩衝材となることで、話し合いをスムーズに進めることができるようになります。
特に、刑事弁護に強い弁護士が、示談において、被害届取下げの交渉を行うことで、被害者の被害感情をうまく解消しやすくなります。
すると、やり場のない被害感情を取り除かれた被害者は、被害届を取り下げてくれる可能性が高まります。

暴行事件で逮捕されたが、被害届を取下げてもらいたい方は、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所までお気軽にお問い合わせください。
あいち刑事事件総合法律事務所では、初回の相談は無料法律相談を実施しております。
また、既に身柄を拘束されてしまっている場合には、初回接見も承ります。
(愛知県警中村警察署の初回接見費用:3万3100円)