<名古屋市中川区で刑事事件>器物損壊罪で逮捕 不起訴獲得に強い弁護士

2016-11-06

<名古屋市中川区で刑事事件>器物損壊罪で逮捕 不起訴獲得に強い弁護士

名古屋市中川区に住むAさんは、日々のストレスを発散する目的で、Vさん宅のガラスを力任せに殴り壊してしまいました。
通行人が、Aさんの行為を目撃し、110番通報しました。
その後、駆け付けた愛知県警中川警察署の警察官によって、Aさんは、器物損壊の容疑で逮捕されてしまいました。
(フィクションです)

刑法261条は、器物損壊罪について定めています。
「他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。」としています。
他人であるVさん宅の物を壊すというAさんの行為は、犯罪とされ、逮捕される可能性もあります。

なお、器物損壊罪は親告罪とされます。
上記の事例で言うと、Vさんからの告訴状(被害届ではダメです)が出されて事件化されます。
告訴を取り下げを求めることは、逮捕や起訴、事件化を避けることを意味します。
事件化されないことは、Aさんにとっても大きなメリットがあると言えるでしょう。
また、親告罪の最大の特徴は、告訴がない限り、起訴されないという点です。
器物損壊罪で告訴取り下げを実現できれば、それ以降、同事件について一切刑事責任が問われることはありません。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,告訴取り下げに対する弁護活動も多数承っております。
告訴取り下げを目指したいとお悩みの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警中川警察署への初回接見費用:3万5000円)