愛知県の詐欺事件 刑事裁判に精通し無罪を獲得できる弁護士

2015-09-06

愛知県の詐欺事件 刑事裁判に精通し無罪を獲得できる弁護士

愛知県名古屋市在住のAさんは、愛知県警中警察署詐欺容疑で書類送検されました。
その後名古屋地方検察庁はAさんを詐欺罪で起訴しました。
起訴状によれば、携帯電話を契約しすぐに解約、その後転売して利益を得ていたとのことです。
しかし名古屋地方裁判所は、
・契約を短期間で解約してはならない、との規定はない。
・店舗側から、すぐに解約する場合は契約を結ばないとの説明もないし、Aさんも短期間で解約しないと言っていない。
・携帯電話を騙し取った証拠がない。
として無罪を言い渡しました。

平成27年8月8日のNHKニュースを基に作成しました。
但し、地名、警察署名は変えてあります。

~無罪とは~

無罪とは、刑事裁判で、被告人の行為が罪にならないか、または犯罪が証明されないこと、そしてその判決をいいます。
また犯罪行為を行っていないのに、或は犯罪行為にはならないのに罪に問われることを冤罪といいます。
殺人事件等の凶悪事件での冤罪が注目されますが、詐欺事件の被告人となったAさんのように身の回りで起きることにも冤罪は発生します。

~無罪を証明するためには~

冤罪を防止し、刑事裁判無罪を勝ち取ることは大変難しい活動になります。
幾つかの対応方法がありますが、上記のような場合には、被告人に有利な証拠を探す方法があります。
しかし、実際に証拠を収集したり、それを纏め上げることは、想像以上に困難なものです。
そういったときにも、法律の専門家である弁護士に助けを求めることは有効です。

あいち刑事事件総合法律事務所は詐欺事件をはじめとする刑事事件を専門に扱っています。
そのため、弊所に所属する評判のいい弁護士は、
・いかなる証拠が裁判で有効か
・いかに証拠を収集するか
ということについて豊富なノウハウを持っています。
詐欺事件でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。
(愛知県警中警察署 初回接見費用:35500円)