Archive for the ‘性犯罪・わいせつ事件’ Category

他人を利用し盗撮 早期対応で不起訴処分を目指す弁護士【津市の刑事事件】

2018-08-14

他人を利用し盗撮 早期対応で不起訴処分を目指す弁護士【津市の刑事事件】

Aさんは津市内のデパートで勤務しており、女子トイレを盗撮するため、女性店員に小型カメラを取り付けた芳香剤を女子トイレの個室内に置くように指示した。
女性店員は小型カメラが取り付けられていることは知らず、言われたとおり、芳香剤を個室トイレに置いた。
ある日、客が芳香剤のケースに小型カメラがあることに気付き、Aさんは三重県の迷惑防止条例違反の容疑で三重県警察津警察署に呼び出しを受けた。
(このストーリーはフィクションです)

~迷惑防止条例違反に問われるのはAさん?女性店員?~

今回の事例は、Aさん自ら小型カメラを設置したわけではありません。
そのような場合でも、Aさんが盗撮を行ったといえるかどうかが問題となります。

この点、他人の行為を利用する場合でも①正犯意思(自己の犯罪を実現する意思)があり、②他人の行為を道具のごとく一方的に支配・利用する関係にある場合には、例え直接的に犯罪行為を行っていなかったとしても、正犯として認められます。

今回の事例ですと、Aさんには盗撮をするという正犯の意思があります(①)。
そして、女性店員は芳香剤に小型カメラが取り付けられていることを知らずに、個室トイレに置いているので、女性店員の行為を道具のごとく一方的に支配・利用する関係にあるといえます(②)。
そのため、Aさんには盗撮の実行行為が認められると考えられ、盗撮の正犯として罪に問われることになります。

盗撮事件は示談交渉など早期に弁護活動を始めることで、不起訴処分となる可能性を高めることが出来ます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に強い法律事務所です。
盗撮事件の弁護活動実績を有する弁護士が多数在籍しております。
盗撮事件でご家族が逮捕されてお困りの方は、ぜひ刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
三重県警察津警察署への初回接見費用:42,700円)

わいせつ物頒布等罪の共犯で逮捕なら弁護士に相談【鈴鹿市の刑事事件】

2018-08-12

わいせつ物頒布等罪の共犯で逮捕なら弁護士に相談【鈴鹿市の刑事事件】

Aさんは鈴鹿市内にある成人向けビデオ・DVDを販売してる店のアルバイト店員をしていた。
ある日、私服の警察官がやってきてAさんは逮捕され、三重県警察鈴鹿警察署に留置された。
容疑はいわゆる裏DVDを販売し、所持していたとのことであったが、店長に頼まれ売っただけで、それが裏DVDであるという認識はAさんにはなかった。
(このストーリーはフィクションです)

~故意犯と過失犯~

上記のAさんの行為わいせつ物頒布等罪に当たる可能性がありますが、わいせつ物頒布等罪で処罰される場合、「2年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する」と規定されていますので、非常に重たい罪となります。
実際、上記のケースのような場合、Aさんの裏DVDの販売は、わいせつ物頒布等罪にあたるのかどうかについて考えてみたいと思います。

この点、わいせつ物頒布等罪は過失犯についての規定がないため、故意犯しか処罰されません。
つまり、裏DVDであることを認識し販売、所持していなければAさんはわいせつ物頒布等罪に問われることはありません。

また、仮に裏DVDであることを認識していたとしても、アルバイトに入って日が浅く、店長に無理やり販売するように強制されていた場合であれば、共犯が成立しない可能性があります。

その為、上記のようなケースの場合、少しでも早く弁護士をつけて、被疑者にとって有利となる事情を訴えかけていくことが、身柄解放や不当に重い量刑を避けることに繋がります。

また、このような性犯罪は世間の注目が高いため、氏名、年齢、職業などが報道される可能性があり、ひとたび報道されてしまえば、インターネットなどを通じて個人情報が広がり、その後の人生に大きな影響を与えてしまいます。
そのような深刻な事態に陥らないためにもなるべく早く弁護士に依頼することが重要になります。
弁護士であれば報道機関に適切な報道をするよう申し立てることもできます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談頂ければ、刑事事件に強い弁護士があなたの前科がつかないように、また個人の情報が報道されないように活動します。
もし、ご家族わいせつ物頒布等罪逮捕されてお困りの方は、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。
三重県警察鈴鹿警察署への初回接見費用:41,700円)

土岐市公務員による痴漢事件 刑事事件による懲戒免職回避なら弁護士に相談

2018-08-08

土岐市公務員による痴漢事件 刑事事件による懲戒免職回避なら弁護士に相談

30代男性のAさんは、土岐市公務員として勤めています。
ある日、Aさんは通勤中の混みあっている電車内において、女性の臀部を触る痴漢行為をしてしまいました。
被害女性の通報により、駅員が警察に連絡し、駆けつけた岐阜県警察多治見警察署の警察官によって、Aさんは痴漢の容疑で逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

~公務員による刑事事件のリスク~

今回の上記事例では、公務員として働いているAさんが、痴漢行為をおこなった容疑で、警察に逮捕されてしまいました。

公務員の方が、痴漢などの刑事事件を起こしてしまった場合、一般の方と比べて様々なリスクを負うことがあります。

例えば、公務員の方が刑事事件が起こした場合、世間からの注目を浴びやすいため、テレビやネットニュースで報道されやすい傾向にあります。
また、公務員の方は、禁錮以上の刑罰を言い渡されてしまうと、公務員の欠格事由にあたるため、懲戒免職されてしまいます(執行猶予がついても欠格事由にあたります)。

これらのことから、Aさんのように公務員として働いている方が、痴漢などの刑事事件を起こしてしまった場合には、早急に弁護士に相談・依頼することが望ましいと言えるでしょう。

弁護士であれば、警察などの捜査機関に対して、事件についての報道がされないよう働きかけたり、懲戒免職されないように公務員の欠格事由にあたらない範囲の処分となるよう弁護活動したりすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した法律事務所ですので、公務員による痴漢事件などの相談・依頼についても多数承っております。
ご家族が突然、痴漢の容疑で逮捕されてしまいお困りの方、公務員の方で懲戒免職を回避したいとお考えの方は、ぜひ一度、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
岐阜県警察多治見警察署への初見接見費用:40,100円)

【羽島市の刑事事件】児童ポルノ製造で逮捕 早期解決なら弁護士に相談

2018-08-01

【羽島市の刑事事件】児童ポルノ製造で逮捕 早期解決なら弁護士に相談

岐阜県羽島市に住む20代男性のAさんは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)アプリを利用して、18歳未満の女の子たちに「お金あげるから,裸の写真を送って」と呼びかけ、写真を入手していました。
Aさんとのやり取りが、岐阜県警察のサイバー犯罪対策課により発覚し、Aさんは岐阜県警察岐阜羽島警察署児童ポルノ製造の容疑で逮捕されてしまいました。
(フィクションです)

~児童ポルノ製造とは~

まず、児童ポルノとは、18歳未満の児童と性交している様子や児童の性器を触っている様子、児童の裸等が記録された写真やDVD等の児童の性的搾取や性的虐待の記録のことをいい、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」によって厳しく取り締まられています。

そのため、児童ポルノに関しては所持をしているだけでも、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」という法定刑で処罰されます。

上記事例のAさんのような児童ポルノ製造の場合には、「3年以下の懲役または300万円以下の罰金」となり、所持の場合よりも厳しい処罰となります。

また、事件が発覚し逮捕されてしまった場合、本人が反省していなかったり、製造した児童ポルノを公開していたり、所持の量が多いなどの事情によっては、逮捕後、長期の身柄拘束を受けることも考えられます。

そういった事態を免れるためにも、早い段階で弁護士に相談・依頼をすることをおすすめします。
刑事事件に強い弁護士に依頼し弁護活動を出来るだけ早く開始してもらうことで、結果的に早期の身柄解放や不起訴処分の獲得など、早期の事件解決の可能性が高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に強い法律事務所ですので、児童ポルノ製造などに関しての事件の相談・依頼も多数承っております。
家族が突然、児童ポルノ製造の容疑で逮捕されてしまいお困りの方、早期の身柄解放をご希望の方は、ぜひ一度、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
岐阜県警察岐阜羽島警察署への初見接見費用:39,400円)

【幸田町の常習痴漢事件】 実刑回避なら刑事事件に強い弁護士に相談

2018-07-29

【幸田町の常習痴漢事件】 実刑回避なら刑事事件に強い弁護士に相談

40代男性のAさんは、幸田町内にある映画館において隣に座っていた女性Vさんの太ももを触るなどの痴漢行為をしました。
Aさんは、映画館内は暗く、痴漢行為がしやすいとの理由で、常習的に痴漢行為をしていました。
被害にあった女性から何件も訴えがあったため、映画館側が愛知県警察岡崎警察署に通報しました。
映画館に備えてあった防犯カメラなどから、Aさんの犯行であることが発覚し、Aさんは常習痴漢の容疑で逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

~痴漢の常習性とは!?~

今回の上記事例のAさんのように、常習的に痴漢行為をしていると、常習痴漢として罰せられる可能性が考えられます。
ここで言う、「常習」とは、反復継続して犯罪行為をしてしまう習癖を持っていることを指しており、犯罪の中には、常習者は重く処罰することが定めされているものもあります。

痴漢行為の場合、通常の痴漢であれば、各都道府県で多少の差異はありますが、迷惑防止条例違反の法定刑は、「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」となっています。
しかし、常習痴漢の場合になると、法定刑が「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」となり、通常の場合より、重い刑罰になっています。

実際、常習痴漢として起訴されてしまった場合、過去の量刑では、同罪の前科前歴が多数あることが鑑みられて実刑判決となってしまうことが多いようです。

そのため、実刑回避や不起訴処分を獲得していくためには、常習痴漢事件の場合、通常の痴漢事件以上に迅速かつ効果的な弁護活動をしてもらう必要があるでしょう。
そして、常習性の有無を争う場合においても、痴漢事件に対する専門的な知識が必要となってきますので、痴漢事件などの刑事事件に強い弁護士に相談・依頼することが望ましいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に強い法律事務所ですので、常習痴漢事件についての相談・依頼も多数承っております。
ご家族が突然、常習痴漢の容疑で逮捕されてしまいお困りの方、実刑回避や不起訴処分を獲得したいとお考えの方は、ぜひ一度、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
愛知県警察岡崎警察署への初見接見費用:39,700円)

強制わいせつ罪で逮捕 SNS上の事件に強い弁護士【豊山町の刑事事件】

2018-07-28

強制わいせつ罪で逮捕 SNS上の事件に強い弁護士【豊山町の刑事事件】

20代男性のAさんは、Twitterを介して知り合ったVさんという女子大生(19歳)に好意を持ちました。
Aさんは、VさんとTwitterのやり取りをしていくうちに、愛知県豊山町内にあるVさんの自宅を特定しました。
そして、Vさんの自宅周辺で待ち伏せをし、帰宅途中のVさんの背後から無理矢理抱きつき、下着の中に手を入れて体を触るなどしてしまいました。
後日、Vさんが被害届を愛知県警察西枇杷島警察署に出し、Aさんは強制わいせつ罪の容疑で逮捕されました。
(フィクションです)

~SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と性犯罪~

今回の上記事例のAさんの場合、Twitterでのやり取りを介して、Vさんの自宅を突き止め、Vさんの自宅付近で待ち伏せをし、無理矢理抱きつくなどの行為をしています。
自宅の特定は、SNS内でのコメントで、「愛知県豊山町内に住んでいる」「近所に〇〇という公園がある」「〇○小学校の近くだ」などというような情報を、何気なく出してしまうと、自宅の場所はどんどん絞り込まれ、特定することができてしまいます。
そのため、見ず知らずの人に対しては、自宅を特定されないようにするためにも安易にコメントすることを避けるよう心がけていく必要があります。

ではもし、上記事例のAさんのように強制わいせつ罪などの性犯罪を犯してしまった場合どうしたらよいのでしょうか。

昨今、被害者感情が重要視されていますので、強制わいせつ罪においても、被害者の方と示談をすることが重要になっています。
警察に被害届が提出される前であれば、被害届の提出を阻止し、警察の介入を阻止して事件化を防げる可能性があります。
また警察に被害届が提出されてしまった後であっても、強制わいせつ罪においては、被害者側と示談をすることによって、不起訴処分を獲得する可能性を高めることができます。
ですので、事件の早い段階で、刑事事件に強い弁護士に相談・依頼をし、被害者の方との示談に動いてもらうことをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した法律事務所ですので、強制わいせつ罪についての相談・依頼も多数承っております。
ご家族が強制わいせつ罪の容疑で逮捕されてしまいお困りの方、示談をしたいとお考えの方は、ぜひ一度、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
愛知県警察西枇杷島警察署への初見接見費用:35,700円)

大治町の覗き事件で逮捕 軽犯罪法違反で早期解決を目指すなら弁護士に相談

2018-07-25

大治町の覗き事件で逮捕 軽犯罪法違反で早期解決を目指すなら弁護士に相談

大治町に住む20代男性のAさんは、隣の部屋に住む女子大生Vさんの着替えをのぞく目的で、ベランダから侵入し、Vさんの着替えをのぞいていました。
ベランダからの物音に気付いたVさんは、急いで愛知県警察津島警察署に通報し、Aさんの覗き(のぞき)が発覚し、Aさんはその場で警察に逮捕されてしまいました。
(フィクションです)

~覗き(のぞき)は軽犯罪法違反?それとも迷惑防止条例違反?~

上記事例のAさんのように、「覗き」行為をすると、どのような処罰を受けることになるのでしょうか。

覗き事件では、「軽犯罪法違反」になる場合と「各都道府県の迷惑防止条例違反」となる場合があります。

各都道府県の迷惑防止条例は、「駅などの公共の場所などで覗き行為をすることを禁止」しています。
条例に違反した場合の罰則は、各都道府県によって多少は異なりますが、おおむね「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」が規定されています。

一方、軽犯罪法では、第1条23号には「正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかに覗き見た者について拘留又は科料に処する」と規定されています。
条文中の「覗き見た」には、デジタルカメラや、ビデオカメラ、それらの機能を備えた携帯電話機、スマートフォンによってひそかに写真や動画を撮ることも含まれると解釈されています。

迷惑防止条例違反と軽犯罪法違反で考えると、上記事例のAさんような場合には、覗き行為をはたらいた場所が、公共の場ではなく、Vさんの自宅であったため、軽犯罪法の条文の「人の住居で覗き(のぞき)行為をした」となるため、軽犯罪法違反が適用される可能性が十分考えられます。
そしてさらに、今回の場合のように、覗き目的で、他人の住居や建物に無断で立ち入ってしまった場合、軽犯罪法違反や各地方自治体の迷惑防止条例違反とは別に、住居侵入罪や建造物侵入罪(刑法130条前段)も成立する恐れがあります。

ご家族が突然、覗き容疑で逮捕されてしまいお困りの方、軽犯罪法違反事件を早期に解決したいとお考えの方は、ぜひ一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
愛知県警察津島警察署 初回接見費用37,600円)

準強制性交等未遂罪で逮捕 執行猶予獲得には刑事事件に強い弁護士に相談

2018-07-20

準強制性交等未遂罪で逮捕 執行猶予獲得には刑事事件に強い弁護士に相談

50代男性のAさんは、豊橋市内のバーにおいて、20代女性のVさんと飲みに来ていました。
Vさんがトイレに立ったスキを見て、AさんはVさんの飲み物に睡眠導入剤を混入させました。
しかし、AさんがVさんの飲み物に薬を入れるところを別のお客が見ており、Vさんを連れ出そうとしたAさんを制止しました。
そして、お店の通報によって駆けつけた愛知県警察豊橋警察署の警察官に、準強制性交等未遂罪の容疑で逮捕されてしまいました。
警察での取調べでAさんは、「ホテルに連れ込んで、Vさんの同意を得ずに性交するために薬を混入した」と供述しています。
(2018年6月12日の産経WESTを基にしたフィクションです)

~準強制性交等罪とは~

準強制性交等罪とは、人の心神喪失もしくは抵抗することが著しく困難な状態に乗じること、または心神を喪失させもしくは抵抗することを著しく困難な状態にさせて性交等をする犯罪のことをいいます。

そして「抵抗することが著しく困難な状態」とは、酩酊している、高度の恐怖や錯誤に陥っているなど、意思決定の自由を奪われている状態を指しています。

今回の上記事例のAさんのように、飲み物に睡眠導入剤を入れて相手の自由を奪うような行為は、抵抗することを著しく困難な状態させているといえます。
このように、性交渉を目的として相手を抵抗不能な状態にさせた場合、その時点で準強制性交等罪という犯罪行為に取り掛かっていると評価され、性交渉に及んでいなくとも準強制性交等未遂罪に問われる可能性は高いです。

準強制性交等罪の法定刑は「5年以上の有期懲役」と懲役刑しかありません。
また、Aさんの場合は周りの客から制止された結果未遂に終わっているため(障害未遂)、刑の減軽は裁判所の裁量に委ねらます。

そこで、仮に起訴された場合、刑務所に行くことを回避するためには、執行猶予を獲得していく必要があります。
そして、執行猶予獲得のためには、被害者の方との示談や反省の意思をきちんと裁判所に訴えていくことが大切です。

ご家族が突然、準強制性交等未遂罪の容疑で逮捕されてしまいお困りの方、執行猶予を獲得したいとお考えの方は、ぜひ一度、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
愛知県警察豊橋警察署の初回接見費用:38,800円)

痴漢行為が強制わいせつ罪に 前科回避なら弁護士へ【碧南市の刑事事件】

2018-07-16

痴漢行為が強制わいせつ罪に 前科回避なら弁護士へ【碧南市の刑事事件】

40代男性のAさんは、碧南市内にある自宅近所の大型書店において、本を立ち読みしていた女子高校生Vさんに近付き、Vさんのスカートの中に手を差し入れ、直接臀部を触る痴漢行為をはたらきました。
怖くなったVさんは、慌ててその場を離れ、近くにいた店員に事情を説明し、警察に通報してもらいました。
その後、Aさんは駆けつけた愛知県警察碧南警察署の警察官によって、強制わいせつ罪の容疑で逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

~痴漢事件で強制わいせつ罪!?~

痴漢事件は、その行為態様によって適用される法律が異なっており、たとえば以下のように考えられています。
着衣の上から触った場合 → 各都道府県の迷惑防止条例違反
着衣の中にまで手を入れ、直接体を触った場合 → 強制わいせつ罪

そして、今回の上記事例のAさんの場合は、Vさんの着衣の中に手を入れて直接臀部に触れていますので、強制わいせつ罪に問われるおそれが十分に考えられます。

強制わいせつ罪は、被害者の性的自由に対する侵害の程度が高いため、法定刑も「6月以上10年以下の懲役」となっており、罰金刑などはなく、懲役刑しかありません。
従って、起訴されてしまうと非常に重い処罰を受けることも考えられます。

そこで、上記事例のAさんのような方の刑事弁護としては、被害者の方との示談交渉をすることが、不起訴処分を獲得して前科を回避するために有効です。
被害者の方との示談が締結されれば、検察官としても被疑者が被害者に対して謝罪の意思があること、被害弁償がなされていることが分かりますので、不起訴処分に踏み切るための大きなプラス要素になります。

そして、早期に示談交渉を締結するためにも、刑事事件に強い弁護士に相談・依頼をしていくことをおすすめいたします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した法律事務所ですので、痴漢行為で強制わいせつ罪に問われている事件の相談・依頼も多数承っております。
ご家族が突然、強制わいせつ罪の容疑で逮捕されてお困りの方、刑事事件化や前科を回避したいとお考えの方は、ぜひ一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
愛知県警碧南警察署への初見接見費用:39,900円)

常習盗撮の容疑で逮捕 名古屋市中川区の盗撮事件に強い弁護士に相談

2018-07-01

常習盗撮の容疑で逮捕 名古屋市中川区の盗撮事件に強い弁護士に相談

名古屋市中川区在住20代男性のAさんは、日頃のストレス発散のために電車内や駅構内のエスカレーターや階段において、度々盗撮行為を行ってきました。
ある日、いつものようにAさんが電車内で盗撮をしていたところ、Aさんの挙動を不審に思った周囲の人によって、Aさんの盗撮行為が発覚し、駆けつけた愛知県警察中川警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
その後の捜査で、Aさんのスマートフォンやパソコンからは、数百枚という盗撮画像が見つかったため、Aさんを常習盗撮として送致するようです。
(フィクションです。)

~常習盗撮とは~

電車内や駅構内といった公共の場所で、盗撮行為を行った場合、「各都道府県の迷惑防止条例違反」となる可能性が高いです。
条例に違反した場合、各都道府県ごとで多少の差異はあるものの、単純盗撮ですと「1年以下の懲役または100万円以下の罰金(8条2号)」に処せられます。

しかし、今回の上記事例のAさんのように、単純盗撮ではなく、常習的に盗撮行為を行っていたような場合、単純盗撮の場合の法定刑よりも重くなり、「2年以下の懲役または100万円以下の罰金(8条7号)」に処せられてしまいます。
もちろん、事案ごとの常習性の判断は、目的、手口、盗撮回数や期間、前科前歴などを総合的に考慮して判断されます。

ではなぜ、常習盗撮には重い処罰が科されてしまうのでしょうか。

それは、何度も市民生活の平穏を脅かし、女性の性的羞恥心を害する行為を繰り返し行ってきた者に対して、規制を強化する必要性が高いと判断しているからです。

盗撮事件は初犯の方であれば、被害者の方との示談が成立していれば、不起訴処分となる可能性も高いでしょう。
しかし、常習盗撮の場合、事件性が強く被害者のためにも起訴をして、処罰を受けるべきかの判断を裁判所でした方が良いという判断となり、たとえ被害者の方と示談をしたとしても、起訴を免れないおそれが考えられます。

ですので、常習盗撮で余罪があると、ご自身で分かっているような場合は、早めに弁護士に相談・依頼をし、適切な弁護活動に動いてもらうことが逮捕後の勾留から早期に釈放されたり、不当に重い量刑を避けることに繋がります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、日頃刑事事件のみ取り扱っている法律事務所ですので,盗撮事件の相談・依頼も多数承っております。
ご家族が突然、常習盗撮の容疑で逮捕されてしまいお困りの方、盗撮の余罪について相談したいとお考えの方は、ぜひ一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
愛知県警察中川警察署の初回接見費用:35,000円

« Older Entries