痴漢と現行犯逮捕

2014-04-09

逮捕には、通常逮捕、緊急逮捕及び現行犯逮捕の3種類があります。

通常逮捕
通常逮捕とは、裁判所の裁判官が発付した逮捕状により容疑者の身柄を拘束することです。よくあるケースとしては、警察官が逮捕状を持って家にやってきて家族を逮捕したというような場合です。この逮捕状というのはとても強力な紙切れです。有無を言わさずに警察署に連れて行かれることになります。

緊急逮捕
緊急逮捕とは、容疑者が強盗、殺人等の一定の重大な犯罪(死刑又は無期若しくは長期3年以上の懲役若しくは禁錮に当たる罪)を犯したと疑うに足りる充分な理由があって、急いでいるために逮捕状を請求している時間がない場合に、逮捕状なしに容疑者・犯人の身体を拘束することです。逮捕後に、緊急逮捕が正しかったかのチェックを行うために、裁判所の裁判官に逮捕状の請求を行います。

現行犯逮捕
現行犯逮捕とは、犯罪を行っている犯人や、犯罪を行い終わった直後の犯人を、逮捕状なくして逮捕することです。現行犯逮捕は、警察官以外の一般人でもすることができます。

痴漢事件の場合、現行犯逮捕が多いと言われています。例えば、女性が電車内でお尻を触られている状況であれば、まさに、女性が現に痴漢被害に遭っており、痴漢という犯罪が現に行われている場合ですので、被害者である女性及び周りにいる目撃者はその痴漢の犯人を現行犯逮捕できることになります。現行犯逮捕されるとそのまま警察署に連れて行かれることになります。

逮捕されたらまずは弁護士を呼びましょう。愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の痴漢事弁護のプロフェショナル弁護士が接見にかけつけます。