痴漢事件で逮捕されたら

2014-04-08

もし、あなたの大切な人が痴漢事件で逮捕されたら…

逮捕とは、逃亡や証拠隠滅を防ぐ目的で、容疑者・犯人の身体を警察署内の留置場などの留置施設に一定の時間拘束することをいいます。例えば、痴漢などで警察官に逮捕された場合、逮捕から72時間拘束され、その間は警察署から出られなくなります。そして、逮捕の後には勾留というより長い間(10日~20日)の拘束が待っています。

もし逮捕されてしまうと、会社には行けなくなったり学校を休まなければいけなくなるなどの不都合が生じ、日常生活が送れなくなります。もっと悪い事態に見舞われることもあります。それは会社を解雇されたり、大学を退学処分にされたりです。そうなる前に早く警察署から出ることが大切です。

では、そんなに簡単に警察署から出られるのでしょうか?

まずは、味方になってくれる人を探すことが大事です。あなたやあなたの大切な人の味方になってくれる人、それが弁護士です。
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士はあなたとあなたの大切な人の味方です。あなたの大切な人は警察署でたった一人で過酷な取調べに耐えています。そんな時こそ弁護士の出番です。まずは接見に来てもらい、取調べに対応できるよう弁護士からアドバイスを受けましょう。そして、早く警察署から出られるよう力になってもらいましょう。一私人が警察という国家権力と一人で闘うのは困難です。弁護士と共に闘いましょう。

痴漢事件の詳しい弁護プランをお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。