岐阜の麻薬事件で逮捕 逮捕に強い弁護士

2014-05-26

岐阜の麻薬事件で逮捕 逮捕に強い弁護士

岐阜市在住の大学生Aさんが、MDMAとヘロインを所持していたとして岐阜北警察署に麻薬及び向精神薬取締法違反事件の容疑で逮捕されました。

逮捕とは、逃亡や証拠隠滅を防ぐ目的で、容疑者(犯人)の身体を警察署内の留置場などの留置施設に一定の時間拘束することをいいます。

容疑者(犯人)Aさんが岐阜北警察署の警察官に逮捕されたことにより、容疑者(犯人)Aさんは48時間以内に検察庁の検察官のもとに送られます。これを一般に送致(報道では送検と言ったりもします。)といいます。検察官は、24時間以内に容疑者(犯人)Aさんを勾留するか釈放するかを決めなければいけません。勾留する場合は岐阜地方裁判所に勾留請求をします。Aさんはこの間、1~2回取り調べを受けることになります。
勾留請求を受けた岐阜地方裁判所の裁判官は、容疑者(犯人)Aさんを勾留するかどうかを決定します。
岐阜地方裁判所の裁判官による勾留決定が出た場合、容疑者(犯人)Aさんは10日~20日間警察署の留置場などに留置されることになります。勾留されるとAさんは日常生活を送ることができなくなり、大学にも行くことができなくなります。
Aさんは早く警察署から出るために愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士に接見に来てもらうことにしました。

麻薬事件逮捕されたら逮捕に強い弁護士愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士があなたのもとへ接見に向かいます。