春日井市で強制わいせつ事件で逮捕 事件を報道させない弁護士

2016-04-01

春日井市で強制わいせつ事件で逮捕 事件を報道させない弁護士

Aは,下校途中であった当時17歳の女子高生Vに対し,暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為を行ったとして,強制わいせつの容疑で逮捕された。
Vの受けた精神的苦痛はとても大きいものであったが,犯人への処罰感情よりも,他者に事件を知られたくない気持ちが大きかった。
このままでは,報道によって事件の情報が公になるのではないか怖くなったVは,愛知県内で刑事事件に強いと評判の法律事務所へ相談することにした。
(フィクションです。)

~強制わいせつ事件における被害者側の対応~

強制わいせつ罪は,13歳以上の男女に対し暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした場合,および13歳未満の男女に対しわいせつな行為をした場合に成立します(刑法176条)。
同罪の量刑は,6月以上10年以下の懲役です。
なお,強制わいせつ罪は,告訴がなければ公訴を提起することができない親告罪に該当します(法180条1項)。
強制わいせつ罪が親告罪であるには,理由があります。
つまり,起訴によって公開の法廷で裁判が行われた場合,被害者が証人として出廷すること等により被害者の名誉が害され精神的苦痛が増大することを考慮したためであるとされています。

公判の段階で被害者の精神的苦痛が増大するおそれは,容易に想像できると思います。
しかし,他方で公判に至らない段階においても被害者の精神的苦痛が生じるおそれも認められます。
なぜなら,被害者に対する取調べにおいて,被害に至る経緯や被害当時の性交渉等の有無等が具体的に聴取されることがあるからです。

このように性犯罪は,被害者に与える精神的ダメージが大きいのが特徴的です。
また,万が一にも事件が報道されてしまえば,被害者が好奇の目にさらされてしまうことになります。
これによって本来救済されるべきであるはずがさらに精神的ダメージを被ってしまうおそれもあります。
このような事態を防ぐため,警察等の組織は対抗策を講じていますが,弁護士もこのような事態を防ぐべく活動をすることが考えられます。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,事件を公にさせないための活動も多数承っております。
性犯罪の被害者でお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察春日井警察署への初回接見費用:3万9200円)