小牧市の刑事事件 収賄容疑で逮捕 保釈請求を行う弁護士

2014-08-28

小牧市の刑事事件 収賄容疑で逮捕 保釈請求を行う弁護士

小牧市の公務員Aさんは、自己の担当事務に関して賄賂を収受したという収賄の容疑で愛知県警小牧警察署逮捕・勾留されました。
そして、Aさんは釈放されることなく、名古屋地方検察庁に起訴されました。
Aさんのご家族が弁護士事務所に無料法律相談に来ました。
Aさんのご家族は、Aさんの早期の身柄解放を望んでいます(このお話はフィクションです)。

8月25日、岐阜県美濃加茂市のプール水浄水設備導入をめぐる汚職事件で「事前収賄」などの罪で起訴されていた岐阜県美濃加茂市市長が、名古屋拘置所から保釈されました。
ただし、被告本人は否認しています。

収賄罪について
収賄罪は、
・公務員が
・その職務に関し
・賄賂を
・収受、要求、約束する
ことにより成立します。
収賄罪も故意犯なので、提供された利益について、賄賂性の認識が必要となります。
法定刑は、5年以下の懲役です。

また、賄賂を受け取った側だけでなく、供与等した側も「贈賄罪」として処罰されます。
法定刑は、3年以下の懲役又は250万円以下の罰金です。

収賄罪で保釈を目指す!
Aさんの家族が望む早期の釈放を実現するにはどうすれば良いでしょうか?
Aさんは既に起訴されていますので、起訴後の身柄解放として「保釈」が考えられます。

保釈とは保釈金と言われる一定のお金を裁判所に預けることを条件に、勾留の執行を停止し、被告人の身柄拘束を解く制度です。

保釈が認められれば、身柄拘束から解放されるため、会社や学校に復帰することができます。
また、保釈されれば、事件解決や裁判に向けて弁護士と十分な準備もできるようになります。
さらに、仮に裁判で実刑判決が出された場合でも、身辺整理をした後に服役することができます。

保釈された岐阜県美濃加茂市の市長も、保釈後すぐに美濃加茂市役所に登庁し、職場復帰を果たしています。

大切なご家族や知人が、収賄事件を起こし逮捕・勾留されたまま起訴されてしまったら、できるだけ早く保釈が得意な弁護士に相談してください。
保釈が得意な弁護士に依頼することで、保釈による身柄解放の成功率を上げることができます。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では刑事事件のみを扱っており、保釈の実績も豊富です。
大切なご家族や知人が収賄事件を起こし起訴されたら、保釈が得意な愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。