後輩への恐喝事件 名古屋市中区で刑事事件に強い弁護士

2016-01-01

後輩への恐喝事件 名古屋市中区で刑事事件に強い弁護士

警察が犯罪行為を知覚したとしても、ただちに逮捕されるとは限りません。
例えば下記の事案のように、Vの証言だけで、物的証拠がない事件に関しては、直ちに逮捕される可能性が低いといえるでしょう。
ただし、まずは任意同行から始め、自白が得られてから逮捕に切り替えるという可能性も考えられますので、油断はできません。
ですので、逮捕されるかどうか微妙な場合には、警察への対応の仕方で、その後の展開が大きく異なってくることもあります。
下記の事例の場合、逮捕を回避したい場合のポイントは何でしょうか。

名古屋市中区在住のC社従業員Aは、後輩Vが浮気を行っていることを知った。
金策に窮していたAは、Vに対して数回にわたって、口止め料名目で1万円を支払わせた。
度重なるAからの請求に困惑したVは、警察に恐喝事件として被害届を提出した。
愛知県警中警察署から出頭を求められAは、逮捕されるのではないかと怖くなり、刑事事件で評判の良い弁護士事務所に相談することにした。
(フィクションです)

愛知県警中警察署から出頭を求められたAですが、まだ逮捕に至るほどの証拠がそろっているわけではなさそうです。
とすると、Aにとっては、出頭後の取調べをうまく乗り切ることが逮捕回避のための至上命題ということになります。
・警察に逮捕の必要性を感じさせない
恐喝事件として立件できる程度の証拠を集めさせない
ことがポイントとなりそうです。

恐喝事件を始めとする刑事事件に対してどう対処するかは、各事件の内容に応じて千差万別です。
ネットの情報などに惑わされ、重要な判断を誤ってしまう前に、信頼できる弁護士に法律相談した方が賢明です。
あいち刑事事件総合法律事務所では、初回の法律相談を無料相談で承っております。
出頭前にお気軽にお立ちより頂くことも可能です。
また既にご家族の方などが、身柄を拘束されている場合には、弊所の弁護士がいち早く接見させていただきます(初回接見サービス)
(愛知県警中警察署への初回接見費用:3万5500円)