名古屋市の痴漢事件で逮捕 不起訴の弁護士

2015-06-15

名古屋市の痴漢事件で逮捕 不起訴の弁護士

名古屋市中村区在住20代男性教諭Aさんは、愛知県警中村警察署により愛知県迷惑防止条例違反の容疑で現行犯逮捕されました。
同署によると、JR名古屋駅に停車中の車内で、20代の女性公務員の尻を触った疑いがもたれています。
Aさんは、出勤途中だったそうです。

今回の事件は、平成27年6月10日の時事通信の記事を基に作成しています。
ただし、地名、警察署名は変えてあります。

~痴漢冤罪を防ぐには~

痴漢行為を行っていないにもかかわらず痴漢事件の容疑をかけられて逮捕又は捜査されてしまった場合は、すぐに弁護士を呼んで下さい。
痴漢冤罪を防ぐためには、逮捕後すぐに弁護士からアドバイスを受けるなどして、嘘の自白をしないよう取調べについて対策をとることが重要です。
また、弁護士協力のもと、独自の捜査によって、目撃者や客観的な証拠を探し出すことで、被害者の供述が信用できないことを主張していく必要もあるかもしれません。

~判例の紹介~

紹介する判例は、平成26年3月28日の京都地方裁判所で開かれた京都府迷惑行為防止条例違反被告事件です。

【事実の概要】
被告人は、常習として、みだりに路上において、同所を歩行中の被害者(当時13歳)に対し、後方から自転車に乗って接近し追い越しざまに、その臀部付近を着衣の上から右手で触った。

【判決】
無罪

【無罪の理由】
・事件当日の被告人と犯人の特徴が共通していることが認められるものの、いずれも一般的な特徴にとどまり、被告人が犯人であることと矛盾しないという程度の推認力しかない。
・事件当日の行動に関する被告人の説明内容も、被告人を犯人であると積極的に推認させる事情ではない。

痴漢事件でお困りの方は、不起訴処分に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
冤罪事件でも起訴されてしまえば、無罪になる可能性は、1%もありません。
ですから、早期に弁護活動を開始して不起訴処分を勝ち取ることには、大きな意義があります。
なお、愛知県警中村警察署に逮捕・勾留されているときには、初回接見サービスにより警察署に即日弁護士を派遣することも可能です(初回接見費用:3万3100円)。