【豊川市のスピード違反事件】 刑事罰回避なら刑事事件に強い弁護士に相談

2018-07-15

【豊川市のスピード違反事件】 刑事罰回避なら刑事事件に強い弁護士に相談

30代男性のAさんは、ある日、豊川市内の法定速度が時速40キロの一般道を、時速80キロで走行したとして、愛知県警察豊川警察署の警察官によって検挙されてしまいました。
Aさんを検挙した警察官によると、一般道で制限速度を30キロ以上上回って走行すると、反則金制度の対象にはならず、刑事事件として扱われてしまうとのことです。
Aさんは、ただのスピード違反刑事事件に発展してしまった事態に戸惑い、今後の刑事罰を心配し、刑事事件に強い法律事務所の弁護士に相談することにしました。
(フィクションです。)

~スピード違反の刑事事件化~

スピード違反のうち、一般道路では時速30キロメートル以上、高速道路では時速40キロメートル以上の制限速度超過をした場合、非反則行為として、交通反則告知書(いわゆる青キップ)による反則金制度は適用されず、告知表(いわゆる赤キップ)による罰金または懲役刑という刑事罰が科せられてしまいます。

では、事例のAさんが、罰金処分や懲役刑などの刑事罰を回避するためには、どうしたらよいのでしょうか。

Aさんが刑事罰を回避するためには、不起訴処分の獲得を考えていくことが望ましいでしょう。
不起訴処分となれば、刑事裁判を受けることなく事件が終了しますし、前科も付くことはありません。

不起訴処分を獲得していくためには違反行為の態様、経緯や動機、回数や頻度、交通違反歴などを慎重に検討して、警察や検察庁などの捜査機関に対して被疑者にとって有利となる事情を主張・立証していくことが大切となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、交通違反の中でも刑事罰に問われる案件に特化して受任している法律事務所ですので、スピード違反などの交通違反事件も安心して相談・依頼をして頂けます。
スピード違反などの交通違反で刑事罰に問われてお困りの方、刑事罰を回避し不起訴処分を獲得したいとお考えの方は、ぜひ一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
愛知県警察豊川警察署への初見接見費用:41,500円)