愛知の痴漢事件 中村警察が逮捕 前科を回避する弁護士

2014-09-14

愛知の痴漢事件 中村警察が逮捕 前科を回避する弁護士

名古屋市中区在住の会社員Aさんは、通勤途中の電車の中で痴漢をしたとして逮捕されました。
現在は愛知県警中村警察署に留置されています。
Aさんの奥さんは、弁護士事務所を訪れ、弁護士前科を回避してほしいとお願いしました。
(このお話は、フィクションです)

~痴漢事件で前科を回避するための弁護活動~

痴漢事件前科を回避するためには、不起訴処分又は刑事裁判における無罪判決を獲得しなければなりません。
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、依頼者の方の前科を回避するために以下のような弁護活動を行っています。

■痴漢行為を行っていない場合
痴漢冤罪事件を防ぐべく、必要な弁護活動を迅速に行います。
例えば、逮捕されている方のもとに接見に行き、嘘の自白をしないよう取調べ対応について適切なアドバイスを行います。
また、警察や検察、裁判所に対して、客観的な証拠に基づいて依頼者の方が実際には痴漢行為を行っていないことを主張します。
こうした主張が認められた場合、起訴前であれば不起訴処分になる可能性が高まります。
一方、起訴後であれば刑事裁判で無罪判決が下される可能性が高まります。

■痴漢行為を行ってしまった場合
実際に痴漢行為を行ってしまったとしても、起訴前に示談が成立すれば被害者の方が被害届を取り下げたり、告訴を取り消したりしてくれる可能性があります。
弁護士による示談交渉の結果、被害者の方が被害届の取下げや告訴の取消しに応じた場合、検察官の不起訴処分によって痴漢事件が終了する可能性があります。

痴漢事件前科を回避したいという方は、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。
性犯罪で前科を回避した実績が多数ある弁護士による万全の弁護活動を受けることが出来ます。