愛知県半田市の暴行事件 暴行罪で示談交渉をする弁護士

2014-08-22

愛知県半田市の暴行事件 暴行罪で示談交渉をする弁護士

愛知県半田市在住の会社員Aさんは、同市の路上で、歩道を歩いていた女性Vさんの背後からVさんに向けて放尿しました。
Vさんから110番の通報を受けて現場に駆け付けた愛知県警半田警察署の警察官は、現場付近にいたAさんに職務質問を行いました。
Aさんが容疑を認めたため、愛知県警半田警察署は「暴行」の疑いでAさんを逮捕しました。
Aさんのご家族が弁護士事務所無料法律相談に来ました(フィクションです)。

暴行罪について
Aさんと同様の事件が、8月19日札幌東区北の路上で起きました。
札幌東署によると、札幌東区北の路上で女性会社員の脚に向けて放尿した男を暴行の容疑で逮捕したとのことです。

暴行罪は、他人に暴力をふるったときに成立する犯罪です。
暴行罪における「暴行」とは、人の身体に対する不法な有形力の行使をいいます。

判例では、
傷害の結果を生じさせる危険があれば、必ずしも体への接触は要しないと判断されています。
ですので、
・脅すために狭い室内で日本刀を振り回す行為
・相手の数歩手前に石を投げつける行為(相手の体には当たっていません)
でも暴行罪が成立することになります。

さらに判例では、
◆傷害結果を生じさせる危険がない行為であっても、人の身体に直接加えられた場合であれば暴行罪が成立すると判断されています。
ですので、
・相手の体の一部に放尿する行為
・塩をかける行為
・相手の頭から水をかける行為
などでも人の身体に直接加えられているので、暴行罪が成立します。
Aさんや札幌で起きた事件でも、被害者の体に放尿することは、人の身体に直接加えられた行為と言えるので、暴行罪が成立するのです。

暴行罪における弁護活動
・身に覚えがないにも関わらず暴行の容疑をかけられている場合は、無実の旨を主張し、不起訴処分又は無罪判決の獲得を目指します。
・実際に暴行行為をした場合は、正当防衛の事情があればその旨主張し、不起訴処分又は無罪判決の獲得を目指します。
示談交渉を行うなど被害者対応を開始します。
・早期の身柄解放を実現するための活動を行います。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、暴行事件も多く取り扱ってきました。
暴行事件に精通した弁護士が依頼者様の事情・希望に応じて、最善の弁護活動を開始いたします。
暴行事件を起こしてしまったら、まずは一度愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。