愛知県田原市の窃盗事件 刑事事件で逮捕に強い弁護士

2014-09-18

愛知県田原市の窃盗事件 刑事事件で逮捕に強い弁護士

名古屋市中村区在住のAさんは、愛知県田原市にあるVさん宅に窃盗目的で侵入し、金品を物色していました。
しかし、物色中、帰宅したVさんに見つかり、その場で「住居侵入・窃盗」の容疑で取り押さえられました(現行犯逮捕)。
その後、Aさんの身柄は、愛知県田原警察署へ送られました。
現行犯逮捕の連絡を受けてAさんのご家族が、弁護士事務所無料法律相談に来ました。
Aさんのご家族は、いきなりの逮捕の連絡に不安になっています(フィクションです)。

逮捕って?
逮捕とは、逃亡や罪証隠滅を防ぐ目的で、班員の体を警察署内の留置場などの留置施設に一定の時間拘束する手続きをいいます。
逮捕には、通常逮捕・現行犯逮捕・緊急逮捕の3種類があります。
通常逮捕
通常逮捕とは、裁判所の裁判官が発付した逮捕状により犯人の身柄を拘束することです。
通常逮捕の場合、逮捕理由となった犯罪事実の要旨等が書かれた逮捕状を呈示されたうえで手錠をかけられることになります。
現行犯逮捕
現行犯逮捕とは、犯罪を行っている犯人や、行い終わった直後の犯人を逮捕状なくして逮捕することです。
現行犯逮捕は、警察官以外の一般人でもすることができます。
ですので、Aさんによる犯行の一部を見ていた私人Vさんによる現行犯逮捕も適法です。
・緊急逮捕
緊急逮捕とは、犯人が重大な犯罪(強盗や殺人等)を犯したと疑うに足りる充分な理由があって、急速を要すため逮捕状を請求している時間がない場合に、逮捕状なしに逮捕することです。
ただ、緊急逮捕の場合は、現行犯逮捕と違い、逮捕後に逮捕状の請求をしなければなりません。

逮捕直後の弁護活動が大切!
逮捕中は、捜査機関による取調べ等の捜査が行われます。
特に、窃盗事件においては、防犯カメラ等の客観的証拠がなければ取調べ時の犯人の供述が重要な証拠の一つとなります。
逮捕直後に行われる取調べ等の捜査が今後の処分に大きな影響を与えるのです。
ですので、逮捕直後に法律のプロである弁護士から法的アドバイスを受け、自己に不利な証拠が作成されないようにしましょう。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では初回接見サービスを行っております。
逮捕後すぐに接見に向かい、取調べの対応方法等を助言することができます。
住居侵入・窃盗容疑で逮捕されたら、逮捕直後の弁護活動に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。