中部国際空港セントレアで起きた窃盗事件 情状立証を行う刑事事件専門の弁護士

2014-11-08

中部国際空港セントレアで起きた窃盗事件 情状立証を行う刑事事件専門の弁護士

愛知県常滑市にある中部国際空港セントレアで「窃盗事件」が発生しました。
通報を受け、愛知県警中部空港警察署が名古屋市中村区在住のAさんを任意同行し、その後通常逮捕しました。
その後、検察官はAさんを「窃盗罪」で名古屋地方裁判所に起訴しました。
Aさんのご家族が、弁護士事務所無料法律相談に来ました。
Aさんと面会したご家族によると、Aさんは罪を認めているとのことです(フィクションです)。

~公判活動(自白事件)~

Aさんのように検察官が起訴すると、刑事裁判が開始されます。

◆刑事裁判の流れ◆
冒頭手続き

証拠調べ手続

検察官の論告・求刑

弁護人の最終弁論

判決言い渡し

Aさんのように既に罪を認めている自白事件の場合においては、弁護士は情状立証をすることになります。
被告人の罪が少しでも軽くなるよう、情状酌量を求めるというものです。

具体的には
・犯行動機に同情すべき点や酌むべき事情があること
・犯行態様が悪質でないこと
・計画性がなく、突発的・偶発的であること
・共犯事件の場合は被告人の立場が従属的であったこと
・被害が小さいこと
・被害感情が薄いこと(示談書や減刑嘆願書などを証拠として提出する)
・前科、前歴がないこと
・再犯防止の環境が整っていること

◆再犯防止策について◆
窃盗は、再犯率が高い犯罪です。
ですので、再犯可能性がないということを説得的に主張していくことが非常に大切になります。
・被告人が真摯に反省していること
・家族が被告人の身元を引受け、今後監督していくことを誓約していること
・被害現場には一切近寄らないこと
・共犯者がいる場合には、共犯者との関係をたつこと
などが挙げられます。
より説得的な再犯防止策を提示するためには、被告人のご家族や職場の方の協力が必要不可欠です。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、刑事事件専門窃盗の情状立証も多く扱ってきた弁護士が情状立証をお行います。
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、初回は無料で法律相談を行っていますので、窃盗事件を起こしてしまったら、まずは刑事事件専門の愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談ください。