岐阜の強姦事件 強姦罪で逮捕されない弁護活動 示談編

2014-05-08

岐阜の強姦事件~強姦事件で逮捕されないための弁護活動 示談編~

岐阜県岐阜市在住の会社員Aさんが岐阜駅付近で見知らぬ女性を強姦しました。
Aさんは逮捕されるのではないかと毎日不安でたまりません。
Aさんは逮捕されないためにはどうしたらよいかと刑事事件に強い弁護士事務所に相談に来ました。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の逮捕されないための刑事弁護活動
・弁護士による警察署への付添
・弁護士による取り調べ対応についてアドバイス
・弁護士から警察に逮捕しないよう主張し、働きかける
・弁護士から警察にマスコミに報道・公表されないよう働きかける

具体的に、逮捕されないためにはどうしたらよいのでしょうか?

示談が有効です!

強姦事件のような被害者がいるケースであれば、事前に被害者と示談をすることで、事件化や逮捕を防ぐことができます。
強姦罪は、被害者の告訴がないと警察は捜査できませんし、検察官は起訴できません。ですので、告訴がすでに出ている場合は告訴を取り消してもらうことができれば逮捕を防げることができます。
強姦罪の場合、示談交渉はできるだけ弁護士に任せましょう。
当事者間で直接示談をしようとすると、被害者の怒りや恐怖感を助長して、却って状況が悪化したり被害者の通報等により逮捕されたりする危険があります。

強姦罪逮捕されないためには、名古屋の強姦事件に強い弁護士、刑事事件を専門に扱っている愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所まで相談に来てみてはいかがでしょう。