岐阜の強姦事件 強姦罪で逮捕されない弁護活動 任意出頭編

2014-05-09

岐阜の強姦事件 ~強姦罪で逮捕されない弁護活動 任意出頭編~

前回、岐阜駅で強姦したAさんが強姦罪で逮捕されないための弁護活動で何が有効かという相談で、具体的には、示談が有効とお話ししました。
では、他にも有効な弁護活動はあるのでしょうか?

Aさんが警察から呼び出しを受けています。
この場合は、警察への任意出頭・取調べにきちんと対応することで逮捕を防ぐとこができるかもしれません。
任意出頭や取調べに応じておけば、私は逃げる気がないですよ、警察からの呼び出しを受けた時にはきちんと応じますよ、と警察に思わせておくことが大切です。
できれば、任意出頭・取り調べ前に、対応方法を弁護士事務所に相談しておくと良いでしょう。

Aさんは警察に呼ばれました。

Aさんは警察に任意出頭した場合、そのまま逮捕されるのではないかと不安で弁護士事務所に相談されました。

警察への任意出頭任意同行では、必ずしも逮捕されるとは限りません。
警察が出頭を要請する目的は、犯人と疑わしい人や参考人などから事情を聞くためです。
ただ、警察が既に逮捕状を準備しており逮捕を予定して任意同行・出頭を求める場合や、出頭後の取り調べにおいて容疑が濃厚になったとして逮捕に至る場合もあります。

できれば、任意出頭・取り調べ前に、対応方法を弁護士に相談しておくと良いでしょう。
出頭が不安な方について、弁護士による警察署への出頭付添サービスや取調べのアドバイスも行っております。

強姦事件出頭・取り調べについて不安な方は、刑事事件を専門に扱っている愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所がお力になりますので、まずはお電話下さい。