強制わいせつ罪で不起訴、無罪判決

2014-04-30

強制わいせつ事件で無罪判決、不起訴処分

名古屋市中区在住のAが電車の車内で女子高生のスカートの中に手を入れてとして強制わいせつ罪の容疑で逮捕されました。 Aさんは、「自分はやってない」と容疑を否認しています。 Aさんの無実を晴らすことはできるのでしょうか?

Aさんの無実を晴らすべく、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士としては、Aさんの無罪を主張していくことになります。Aさんは痴漢行為、わいせつ行為を行っていない、よって強制わいせつ罪に当たらない、との主張になります。

このような場合は、具体的には、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所としては、捜査機関の主張が十分な証拠に裏付けられていないことを指摘し、不起訴処分・無罪判決に持ち込む弁護活動をしていくことになります。

強制わいせつ事件では、弁護士を介して、取調べ対応についての的確なアドバイスをしたり客観的な証拠に基づいて被害者の供述が信用できないことを主張するなどして、検察官や裁判所の裁判官に不起訴処分又は無罪判決を訴えていくことになります

強制わいせつ事件の容疑者として疑われている場合、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士はあなたの味方です。無罪判決、不起訴処分にもっていくために精一杯闘います。