名古屋の風俗トラブル 強制わいせつ事件を秘密にしたい

2014-05-01

名古屋の風俗トラブル 強制わいせつ事件を秘密にしたい

名古屋市中村区在住の会社社長のAさんが、名古屋市中区錦にあるキャバクラで嫌がるお店の女の子に無理やりキスをしたりお尻や胸などを触るなどして、お店から「強制わいせつ罪で訴えるぞ」と言われ、慰謝料として200万円要求されました。
Aさんは有名企業の会社社長であり、今回のこのような事件が表沙汰になっては困ると考え、何とか事件がマスコミなどに報道されないよう、事件を秘密にしたいと、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所に相談に来ました(フィクションです)。

では、事件が世間(職場や学校なども含む)や周りの人間などに知られないためにはどうしたらよいのでしょうか?

一番は、逮捕されないことです。
強制わいせつ事件で逮捕されてしまうと、事件のことが新聞やテレビのニュースとして報道されてしまう事が多いので職場や学校に知られてしまう可能性が出てきます。ですので、逮捕されないような弁護活動をまずは試みます。

仮に逮捕されてしまった場合は、

まずは、早期の釈放です。  →詳しくは、釈放・保釈してほしい へ

次に、早期の示談です。  →詳しくは 示談で解決 へ

そして、忘れてはいけないのでが、報道・公表されないよう警察や検察に働きかけることです。
事件が報道されてしまえば会社や学校が知る可能性が高まりますので、報道しないようマスコミ等に働きかけを行います。

事件が報道されてしまった場合でも、報道内容の訂正・削除を報道機関に求めます
いったん事件が報道されてしまえば事件終了後も事件内容が職場や学校へ知られる危険が続くことになりますので、事実と異なる報道がなされてしまった場合の対策として、報道内容の訂正・削除を報道機関に求めていきます。

風俗トラブルなどは特に秘密にしたい犯罪です。風俗トラブル、強制わいせつ事件秘密にしたいときは、名古屋の刑事事件の専門の弁護士、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士なら安心して任せることができます。