名古屋の児童ポルノ事件 冤罪に強い弁護士

2014-05-13

名古屋の児童ポルノ事件 冤罪に強い弁護士

名古屋市中区在住の会社員Aさんが近所の複数の児童を裸にして写真を撮っていたとして、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反の容疑で中警察署に任意同行をかけられました。

Aさんは身に覚えがないと言って否認しています。

Aさんが刑事事件専門の弁護士事務所に相談に行きました。

 

Aさんは身に覚えのない罪で疑われています。なんとか、身の潔白を証明する方法はあるのでしょうか?

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の無実を証明するための弁護活動を紹介していきましょう。

 

・取り調べについての適切なアドバイスで冤罪を防ぐ

・違法・不当な取り調べを阻止して冤罪を防ぐ

・自白が嘘であることを主張して冤罪を防ぐ

・容疑者に有利な証拠を探して冤罪を防ぐ

 

具体的に見ていきましょう。

 

取り調べについての適切なアドバイスで冤罪を防ぐ
Aさんは全くの法律の素人です。捜査機関の取り調べを受ける容疑者Aさんは、自分にとって何が有利か不利かの事情を適切に判断することが困難です。
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、児童ポルノの取調べに対応できるよう、有利・不利な事情の選別と今後の見通しを伝えた上でのアドバイスを行っています。
万が一、Aさんが児童ポルノで逮捕されても、捜査機関の取り調べ前に弁護士が接見に行くことで、取り調べ対応について指導助言を行うことができますのでご安心ください。

 

 

児童ポルノ無罪を証明したいは、次回に続きます。