名古屋の覚せい剤事件 否認事件の弁護活動

2014-05-21

名古屋の覚せい剤事件 否認事件の弁護活動

 

名古屋市中区在住の音楽家Aさんが覚せい剤とMDMAを所持していたとして覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。

Aさんは事件を否認しています。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士がAさんを弁護することになりました(フィクションで)。

事件を否認しているAさんの、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の覚せい剤事件の弁護活動はどのようなものでしょうか

 

不起訴処分又は無罪判決になるよう主張する

 

Aさんは身に覚えがないにも関わらず覚せい剤取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反罪の容疑を掛けられてしまった。この場合、弁護士を通じて、警察や検察などの捜査機関及び裁判所に対して、不起訴処分又は無罪判決になるよう主張する必要があります。

 

覚せい剤取締法違反・麻薬及び向精神薬取締法違反事件においては、犯行当時に違法な薬物であることの認識(故意)があったのかどうかが重要なポイントになります。

 

覚せい剤や麻薬など薬物の存在自体に気づいていなかったこと、違法薬物とは思わなかったことなどを客観的な証拠に基づいて主張します。

また、アリバイや真犯人の存在を示す証拠を提出することも重要になります。

 

以上のように、覚せい剤事件の容疑者として疑われている場合は、覚せい剤事件に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。