名古屋の覚せい剤事件 覚せい剤事件に強い弁護士

2014-05-21

名古屋の覚せい剤事件 覚せい剤事件に強い弁護士の弁護活動

名古屋市中区在住の音楽家Aさんが覚せい剤とMDMAを所持していたとして覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。
Aさんは覚せい剤事件について認めています。
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士がAさんを弁護することになりました(フィクションです)。
事件を認めているAさんの、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士の覚せい剤事件の弁護活動はどのようなものでしょうか。

違法収集証拠の排除を主張します
実際にAさんは覚せい剤取締法違反や麻薬及び向精神薬取締法違反事件を起こしています。この場合で、職務質問、所持品検査、採尿・採血、捜索・差押え、逮捕、取り調べなどの捜査の過程で重大な違法行為があれば、違法収集証拠の排除を主張していきます。そうすることで不起訴処分又は無罪判決になるような弁護活動を行っていきます。

量刑を軽減するような弁護活動を行います
Aさんのように覚せい剤取締法違反・麻薬及び向精神薬取締法違反罪の成立に争いのない場合には、覚せい剤や麻薬などの薬物への依存性又は常習性がないこと、再犯の危険がないこと、共犯者間での従属的な立場などを裁判官に理解してもらい、量刑を軽減するような弁護活動を行います。
覚せい剤や麻薬などの薬物犯罪に手を染めないための具体策実施と環境作りが減刑及び執行猶予付き判決を獲得するうえで重要です。

身柄拘束を解くための弁護活動を行います
覚せい剤取締法違反・麻薬及び向精神薬取締法違反罪で逮捕・勾留されてしまった場合には、事案に応じて、釈放や保釈による身柄拘束を解くための弁護活動を行います。

以上のように、覚せい剤事件でお困りの方は愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談ください。