名古屋の交通事故・交通違反事件 人身事故で保釈に強い弁護士

2014-06-20

名古屋の交通事故・交通違反事件 人身事故で保釈に強い弁護士

名古屋市名東区在住のトラック運転手Aさんは、仕事中、居眠り運転をし、名古屋市名東区の県道で人身事故を起こしました。
Aさんは、愛知県警名東警察署に逮捕・勾留され、名古屋地方裁判所に起訴されました。
Aさんの両親が法律事務所に相談に来ました。
Aさんを1日も早く保釈して欲しいとのことです(フィクションです)。

~ 交通事故で保釈を実現する方法 ~

保釈までの流れ
交通事故・交通違反事件における保釈の多くは、弁護士からの保釈請求によってなされます。
保釈請求とは、弁護士が、裁判所や裁判官に対して、交通事故・交通違反事件で勾留されている被告人を保釈するよう請求することです。
裁判所や裁判官によって保釈を認める決定がなされれば、保釈金を納付することで保釈されることになります。

保釈の条件
交通事故・交通違反事件で保釈が認められるためには、
・被告人が証拠隠滅をする危険がないこと
・被告人が被害者や事件関係者及びその親族などに接触する危険がないこと
・被告人が逃亡する危険がないこと
を主張することがとても重要です。
これらの主張は、交通事故・交通違反事件の保釈が得意な弁護士を通じて、説得的に主張してもらうことが一番です。
また、保釈を実現するためには、被告人の身元を引受ける身元引受人の準備も重要になります。

保釈の判断期間
交通事故・交通違反事件において保釈許否の判断が出るまでの期間は、一般的に2~3日です。
土曜・日曜・祝日をはさむ場合は4~5日かかることもあります。

保釈金額
保釈金は、保釈を認める条件として、裁判所への納付を求められるお金です。
保釈金の役割は、被告人に心理的負担を与えて逃亡を予防し、裁判への出頭を確保することです。
そして、保釈を実現するには、保釈決定だけでなく、裁判所に保釈金を納付する必要があります。
保釈金の額は、事案により異なりますが、相場としては、一般的には200万円前後となることが多いです。
なお、保釈金は、被告人が保釈条件に従ってきちんと裁判に出廷すれば、裁判終了後に全額返却されます。

交通事故・交通違反事件の保釈手続にあたっては、交通事故・交通違反事件の保釈が得意な弁護士に依頼しましょう。
保釈の成功率を上げることができます。
人身事故保釈をご希望の方は、交通事故・交通違反事件に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。