名古屋市内の児童買春事件 勾留阻止を目指す弁護士

2014-12-03

名古屋市内の児童買春事件 勾留阻止を目指す弁護士

名古屋市天白区在住20代男性教諭Aさんは、女子中学生に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、愛知県警天白警察署により児童買春の疑いで逮捕されました。
同署によると、インターネットの掲示板で知り合い、市内のホテルで2回にわたり、それぞれ現金3万円を渡してわいせつな行為をしたようです。
取調べに対しAさんは「15歳だとは知らなかった」と容疑を否認していますが、女子生徒はLINEのやり取りで15歳だと明かした記録を残しているそうです。

この事件は、11月28日(金)TBS系(JNN)で報道されたニュースを基に作成しています。
地名、警察署名はかえてあります。

~児童買春で逮捕されてしまったら~

18歳未満の未成年と児童買春等をしてしまい、逮捕されてしまった場合、弁護士を介して以下のような勾留阻止活動を行います。

・検察官に対して勾留請求せずに釈放するように働きかけを行う
・裁判官に対しては勾留せずに釈放するよう法的手続きをとる

このような活動を行うことで、早期釈放を目指します。

~釈放のメリット~

・逮捕されたことが周りの人に知られずにすむことが多い
・会社や学校を辞めずにすむ可能性がある
・事件解決や裁判に向けた十分な準備ができる
以上のようなメリットを得るためにも早期に弁護士へ依頼することをお勧めします。

児童買春事件でお困りの方は、勾留阻止活動を得意とする愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にお任せ下さい。