静岡市内の詐欺未遂事件 釈放獲得を得意とする弁護士

2014-12-02

静岡市内の詐欺未遂事件 釈放獲得を得意とする弁護士

名古屋市緑区在住30代会社員Aさんは、静岡県警静岡中央署により詐欺未遂の疑いで逮捕されました。
同署によると、Aさんは知り合いの40代女性とともに静岡市内の70代無職女性から現金約1900万円をだまし取ろうとしたそうです。
その手口は、被害者宅に銀行などの職員をかたる男から架空の株取引に関連して現金を要求する電話をし、現金を数回に分けて指定されたマンションの一室に送付させたようです。
犯行に及んだAさんと40代女性は「知らない」と容疑を否認しています。

今回の事件は、11月29日(土)静岡新聞に掲載されたニュースをもとに作成しています。
地名は変えてあります。

~詐欺罪とは~

詐欺罪は、人をだましてお金などの金品又は本来有償である待遇やサービスを得たり、他人にこれを得させた場合に成立します。
本事件のような組織的詐欺は、重罰化・厳罰化の傾向にあります。
首謀者だけでなく、詐欺被害者に連絡して騙す役割の者も、実刑判決を受ける可能性が高くなっています。
また、振り込め詐欺や投資詐欺のような組織的詐欺事件において逮捕・勾留された場合、身柄拘束期間が長期になる傾向にあります。

・詐欺罪の法定刑:10年以下の懲役です(刑法第246条)。未遂も罰せられます(刑法第250条)。
・詐欺罪が団体の活動として組織的に行われたときは、法定刑が1年以上の有期懲役に引き上げられます(いわゆる組織犯罪処罰法第3条)。

~逮捕・勾留されてしまったら早期に弁護士に依頼することをお勧めします~

逮捕・勾留されてしまうと、会社や学校に行くことはできなくなります。
そのまま逮捕・勾留が長引いてしまうと、逮捕されたことを周囲の人に知られたり、会社や学校を休む状態が続いて解雇や退学になったりする可能性があります。。
逮捕されたことを周囲の人に知られず、解雇や退学にならないためには、早期に釈放されることが大切となります。
ただし、一旦逮捕・勾留されてしまうと待っているだけでは釈放されません。
もし、刑事事件に精通した弁護士に依頼すれば、釈放の可能性を高めて会社や学校への復帰を促すことができます。

詐欺罪でお困りの方は、刑事事件に精通し、釈放獲得を得意とする愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にお任せください。