名古屋市北区の暴行罪なら

2019-04-24

名古屋市北区の暴行罪なら

~ケース~

名古屋市北区在住のAさんは、通勤途中の満員電車の中で、隣にいた乗客Vさんのカバンがやけに自分にぶつかってくることに腹を立て、ついカッとなVさんを殴った。
周りの乗客によってVさんとともに次の駅で降ろされたAさんは、駆け付けた駅員に引き渡され、その後愛知県警察北警察署の警察官に暴行罪の容疑で取調べを受けた。
取り調べの中で、Aさんはこれまでにもついカッとなって殴りかかってしまうことが何度かあったものの、警察が介入してくるのは今回が初めての事だった。
Aさんが暴行罪の容疑で捜査を受けていることを知ったAさんの両親は、Aさんのカッとなってすぐ手を出してしまうところも何とか改善したいと思い、再犯防止策についてもアドバイスをもらうため、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士に相談をしに行った。
(事実を基にしたフィクションです)

~暴行罪とは~

暴行罪については、刑法第208条において、「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。」と規定されています。
暴行罪は、法定刑は他の犯罪類型と比べると、比較的軽い方だといえます。

ただし、上記のケースのような暴行事件は、他の種類の犯罪と比較しても、再犯率が高い犯罪類型だと言われています。
暴行罪が再犯率が高い原因としては、様々な要因があると考えられています。

一時の興奮状態から暴行行為をしてしまう場合だけではなく、被疑者が心理的要因を抱えた結果暴行行為を起こしてしまうケースも少なくありません。
そして、一見して暴力とは直結しないようなところに、暴力を起こしてしまう心理的要因につながる問題点が隠れていることも多いとされています。

その為、一度事件を起こして反省したというだけでは真の更生にはならず、暴行を起こしてしまう心理的要因をきちんと分析し、適切な治療を受けないと、後々になって再犯を起こしてしまう恐れがあります。
もし、再犯を繰り返しことになってしまうと、定職に就くことが難しくなる等、ご自身が苦しい思いをしてしまう可能性も捨てきれません。

暴行罪に問われるような事件を起こしてしまう他の要因として、被疑者が抱える問題としては、暴力行為に対する規範意識が低いことや、対人関係に問題があったり、発達障害、種々の精神疾患に端を発するもの等が考えられます。
このような要因でから暴力行為を繰り返してしまうおそれがあると考えられる以上、再発防止を徹底したいと言う場合、一度専門家の助言の助言を仰ぐことをお勧めします。

病院等の専門家の治療を受けることで、ご自身やそのご家族も気付いていなかった様々な問題を把握することに繋がり、本人だけではなく周りも再犯防止に協力しやすくなるでしょう。
こうした暴力事件についての専門的な治療については、一度刑事事件に強い弁護士に相談をし、その幅広い知見から適切な治療先を紹介されてみることを推奨します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士刑事事件に特化した弁護活動をしておりますので、暴行罪についての刑事弁護活動も多数承っております。
暴行罪についてお困りの方、再発防止に取り組みたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士にご相談ください。
初回無料法律相談のご予約や、初回接見サービスのお申し込みは、24時間いつでも可能です(0120‐631‐881)。
初回接見サービスや初回無料相談に関してご不明点がありましたら、相談予約担当の者がお答えさせて頂きますので、まずはお気軽にお電話下さい。
初回相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。
愛知県警察北警察署への初回接見費用 36,000円)