土岐市公務員による痴漢事件 刑事事件による懲戒免職回避なら弁護士に相談

2018-08-08

土岐市公務員による痴漢事件 刑事事件による懲戒免職回避なら弁護士に相談

30代男性のAさんは、土岐市公務員として勤めています。
ある日、Aさんは通勤中の混みあっている電車内において、女性の臀部を触る痴漢行為をしてしまいました。
被害女性の通報により、駅員が警察に連絡し、駆けつけた岐阜県警察多治見警察署の警察官によって、Aさんは痴漢の容疑で逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

~公務員による刑事事件のリスク~

今回の上記事例では、公務員として働いているAさんが、痴漢行為をおこなった容疑で、警察に逮捕されてしまいました。

公務員の方が、痴漢などの刑事事件を起こしてしまった場合、一般の方と比べて様々なリスクを負うことがあります。

例えば、公務員の方が刑事事件が起こした場合、世間からの注目を浴びやすいため、テレビやネットニュースで報道されやすい傾向にあります。
また、公務員の方は、禁錮以上の刑罰を言い渡されてしまうと、公務員の欠格事由にあたるため、懲戒免職されてしまいます(執行猶予がついても欠格事由にあたります)。

これらのことから、Aさんのように公務員として働いている方が、痴漢などの刑事事件を起こしてしまった場合には、早急に弁護士に相談・依頼することが望ましいと言えるでしょう。

弁護士であれば、警察などの捜査機関に対して、事件についての報道がされないよう働きかけたり、懲戒免職されないように公務員の欠格事由にあたらない範囲の処分となるよう弁護活動したりすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した法律事務所ですので、公務員による痴漢事件などの相談・依頼についても多数承っております。
ご家族が突然、痴漢の容疑で逮捕されてしまいお困りの方、公務員の方で懲戒免職を回避したいとお考えの方は、ぜひ一度、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
岐阜県警察多治見警察署への初見接見費用:40,100円)