大麻取締法違反で接見禁止がついてお困りなら 弁護士に初回接見依頼を

2018-07-26

大麻取締法違反で接見禁止がついてお困りなら 弁護士に初回接見依頼を

20代男性のAさんは、蒲郡市内にある自宅の裏庭で栽培していた大麻を友人と使用していました。
ある日、近所の方からの通報で、Aさんは愛知県警察蒲郡警察署の警察官に、大麻取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
逮捕後、Aさんには勾留の決定がなされてしまい、さらに自宅で大麻を栽培していたということもあり、家族による罪証隠滅のおそれがあるとのことで、Aさんには接見禁止処分までついてしまいました。
(フィクションです)

~大麻取締法違反と接見禁止処分~

今回の上記事例のAさんは、自宅の裏庭で大麻を栽培していたため、接見(面会)の際に、もし家族に相談してしまうと罪証隠滅のおそれがあると考えられ、「接見禁止処分」が付された可能性があります。

接見禁止」がついてしまうと、被疑者は弁護士以外の誰とも接見(面会)ができませんし、手紙などのやり取りもできません。
それが、たとえ家族であっても、接見(面会)することができないのです。
そのため、被疑者は「接見禁止処分」が付されている間は、誰とも相談することができず、1人で警察などの留置施設で過ごし、取調べの対応をしなくてはなりません。

しかし、弁護士には「接見交通権」という権利が保障されているため、接見禁止処分がついてしまい、ご家族の方でさえも接見(面会)できないような状況の時にも、接見(面会)することが可能です。

ですので、勾留されているご家族に「接見禁止処分」がついている時こそ、早期に弁護士に初回接見(面会)を依頼し、状況確認などに動いてもらうことをおすすめいたします。
弁護士と会って接見(面会)することで、今後の対応や見通しについて聞くだけでも、被疑者は精神的負担を軽減させることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した法律事務所ですので、大麻取締法違反などの初回接見依頼も多数承っております。
ご家族が突然、大麻取締法違反の容疑で逮捕されてしまいお困りの方、接見禁止処分がついてしまい初回接見をご検討中の方は、ぜひ一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
愛知県警察蒲郡警察署への初見接見費用:40,300円)