愛知県の児童買春・児童ポルノ禁止法違反事件 示談に強い弁護士

2014-12-01

愛知県の児童買春・児童ポルノ禁止法違反事件 示談に強い弁護士

愛知県県蟹江市在住20代男性教員Aさんは、愛知県県警蟹江警察署児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕されました。
同署によると、出会い系アプリを通じて知り合った高2の女子生徒にスマホで裸や下着の画像を撮影させ、LINEを使ってAさんのスマホに送信させたようです。
Aさんは「間違いありません」と容疑を認めているようです。

今回の事件は、11月28日(金)に時事通信により配信記事をもとに作成しています。
地名、警察署名は変えてあります。

~児童ポルノ事件で逮捕されてしまったら~

実際にわいせつ画像、児童ポルノ画像の提供等を行い、逮捕されてしまったら、弁護士を通じて被害者と示談をすることが重要です。
示談により、被害者の処罰感情が緩やかになれば、不起訴処分により前科がつかなくなる可能性が高まります。
まずは弁護士に依頼して、示談締結を目指しましょう。

もちろん逮捕前であっても、直ちに示談に動くことで、事件化(警察介入)しなくなったり、不起訴処分により前科がつかなくなる可能性を高めることができます。
仮に起訴されたとしても、示談をすることで執行猶予の可能性を高めることができます。
また、示談をすることで釈放の可能性も高まり、示談によって早期の職場復帰・社会復帰を図ることもできます。
要するに、起訴前でも起訴後でも、被害弁償と示談の有無及び被害者の処罰感情が処分に大きく影響することになります。
示談に強い刑事事件専門の弁護士を介して、納得のいく示談をすることが重要です。

児童売春・ポルノ禁止法違反事件でお困りの方は、示談の得意な愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にお任せ下さい。