岐阜の児童買春事件 示談に強い弁護士

2015-11-27

岐阜の児童買春事件 示談に強い弁護士

Aは、児童Bを買春したとして、岐阜県警各務原警察署の警察官により任意で事情を聴取されました。
Aは、このまま刑事事件として処理されるのではないかと不安になり、示談で事件化を阻止できないかと刑事事件専門の弁護士事務所に相談に行きました。
弁護士が聞いた話によると、児童買春に関する余罪が他にも数件あるようです。
(フィクションです)

~児童買春事件~

児童買春禁止法第4条
5年以下の懲役又は300万円以下の罰金

上記の事例で弁護士が弁護活動を始めるとしましょう。
Aは、示談で事件化されることを回避したいと考えています。
とすると、弁護士が依頼を受けた場合、まずは、被害者であるBと示談交渉を始めることになるでしょう。
しかし、Bは児童です。
被害者が未成年の場合、示談交渉の相手は、その保護者ということになります。

保護者との示談交渉を行う場合、もっとも問題となるのは、示談金の受け渡しです。
どういうことかというと、保護者が示談交渉の相手になっている場合、示談金の支払いを拒まれることが多いのです。
特に児童買春などの性犯罪の場合は、そのような対応をされる保護者の方がほとんどです。

しかし、被害者に対する謝罪の意思や反省の態度を示すためには、示談金を受け取っていただけた方が望ましいわけです。
そこでどうするかということが問題になります。
ここから先は、申し訳ございませんが、企業秘密です。
興味がある方は、ぜひあいち刑事事件総合法律事務所にお問い合わせください。
迅速に弁護士との無料法律相談までご案内いたします。

岐阜の児童買春事件で示談についてお悩みの方は、示談に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
弊社は刑事事件専門の弁護士事務所です。
刑事弁護活動に特化していますので、数多くの示談交渉の実績があります。
示談を締結できるよう弊社所属の弁護士が全力でサポートいたしますので、ぜひご相談にお越しください。
初回の法律相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。
(岐阜県警各務原警察署の初回接見費用 4万1300円)