児童買春事件で逮捕されないための弁護活動

2014-04-25

児童買春で逮捕されないための弁護活動

名古屋市在住の公務員Aさんが、出会い系サイトで知り合った女性と食事をするなどのデートをし、ホテルで性行為を行った。Aさんは、相手の女性は20歳だと思っていたが、なんと17歳の女子高生でした。性行為の際、女子高生にお金を払っていた。 Aさんは、相手が女子高生とわかって、自分が逮捕されるのではないかと不安でたまらない様子です。 Aさんの相談内容は、「自分は公務員で、逮捕されるわけにはいかない。逮捕されないようにしてほしい。」というものだった。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士による 児童買春事件で逮捕されないための弁護活動

警察署への付添

取り調べ対応についてアドバイス

逮捕しないよう警察に主張し、働きかける

報道・公表されないよう警察に働きかける

Aさんに警察から電話がありました。警察署に来て話を聞かせてほしいというものでした。

警察への任意出頭や任意同行では、必ずしも逮捕されるとは限りません。  警察が出頭を要請する目的は、犯人と疑わしい人や参考人などから事情を聞くためです。

ただ、警察が既に逮捕状を準備しており逮捕を予定して任意同行・出頭を求める場合や、出頭後の取り調べにおいて容疑が濃厚になったとして逮捕に至る場合もあります。 できれば、任意出頭・取り調べ前に、対応方法を弁護士に相談しておくと良いでしょう。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、児童買春事件逮捕されないよう、出頭が不安な方について、弁護士による警察署への出頭付添サービスや取調べのアドバイスも行っております。