覚せい剤取締法違反で報道回避なら

2019-06-23

覚せい剤取締法違反で報道回避なら

~ケース~

瀬戸市在住のAさんは、瀬戸市内の繁華街を歩いていたところ、愛知県警察瀬戸警察署の警察官に職務質問を受けた。
挙動がおかしいことからAさんは薬物使用の疑いをかけられ,愛知県警察瀬戸警察署で任意の取調べを受けることとなった。
愛知県警察瀬戸警察署で尿検査を受けたところ,Aさんの尿から覚せい剤の陽性反応が出たため,Aさんは覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された。
Aさんの妻は、Aさんが覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されたことが報道されにか不安になり、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士に初回接見を依頼した。
(事実を基にしたフィクションです)

~覚せい剤取締法違反で身柄拘束されたら~

覚せい剤は、覚せい剤取締法によりその所持や使用等が禁じられています
上記のケースでは、Aさんは覚せい剤使用の容疑で逮捕されています。

刑事事件を起こしてしまい、一度、逮捕・勾留をされてしまうと、最大で23日間の身体拘束をされてしまう可能性があります。
逮捕、勾留されてしまった場合、必然的に社会人の方は仕事へ行くことができなくなり、学生の方は学校に行くことができなくなります。

また、覚せい剤取締法違反といった薬物犯罪事件の場合、接見等禁止処分が付くことも多いです。
その場合、被疑者は弁護士以外の者と面会することはできず、外部の状況を把握することがより困難になります。
また、身柄拘束が長期間に及ぶと、仕事先や学校先の方たちから、何か起きたのではないかと推測されることとなってしまい、最終的に事実を話さざるを得なくなってしまうことも多いです。

~報道されやすいケースとは~

そして、事件のことが周りに知られてしまう切っ掛けとして、マスコミによる報道が考えられます。
どのような自県を公表するかについては、明確な基準があるわけではありませんが、社会的影響が大きいと考えられる事件は公表されるリスクが高くなります。
また、報道される場合、匿名化実名かについても明確な基準はないとされていますが、加害者が公務員など公的な側面を持つ職業であったり、加害者が芸能人・アスリートなど著名人であったりすると、実名報道されることが多いです。
一方、加害者が未成年であったり、加害者が一般人で比較的軽微な刑事事件であったり、事件に特殊性がなく社会的注目も集まらないと予想される事件の場合は、匿名報道になる可能性が高いです。

薬物犯罪事件におけるマスコミなどの報道機関による報道・公表の差控えを事前に働きかけることは通常の犯罪より難しく、交渉能力や活動能力が高い弁護士に相談することをお勧めします。
特に、刑事事件に強い弁護士に依頼することで、働きかけの効果の有無も異なり得るので、報道回避をご希望の方は、刑事事件に強い弁護士に一度ご相談されることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士刑事事件に強く,覚せい剤取締法違反についての刑事弁護活動も多数承っております。
できる限り報道回避したいとお考えの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。

 

初回無料法律相談のご予約や、初回接見サービスのお申し込みは、24時間いつでも可能です(0120‐631‐881)。



初回接見サービスや初回無料相談に関してご不明点がありましたら、相談予約担当の者がお答えさせて頂きますので、まずはお気軽にお電話下さい。