名古屋のひき逃げ事件 執行猶予をとる弁護士

2014-06-06

名古屋のひき逃げ事件 執行猶予をとる弁護士

名古屋市中村区在住の会社員Aさんが名古屋市千種区の県道でひき逃げ事件を起こしました。Aさんは後日、ひき逃げ容疑で千種警察に逮捕、勾留されました。
Aさんは釈放される間もなく起訴されました。
Aさんのご両親様が弁護士事務所に相談に来ました。
Aさんには飲酒運転で罰金の前科があります。なんとか、執行猶予になるようにと弁護士に弁護を依頼しました(フィクションです)。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の交通事件で執行猶予を獲得するための弁護活動を見ていきましょう。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、交通事故・交通違反事件の刑事裁判において、執行猶予を獲得するために、以下のような被告人に有利な事情を主張・立証する弁護活動を行っています。

交通事故・交通違反自体に固有の事情
・交通事故・交通違反態様の悪質性・危険性が小さい
・道路・交通環境の欠陥・危険性
・被害者側の落ち度・過失
・被害結果が軽微
・共犯事件での立場が従属的(共犯者に逆らえない、同乗していただけなど)
・交通事故・交通違反を起こした経緯・動機に同情すべき点がある

その他、犯罪一般に関する事情
・示談成立
・被害弁償・被害弁償見込
・被害者又は遺族の宥恕(加害者の罪を許す意思)
・加害者(被告人)の謝罪と反省
・加害者(被告人)の更生の意志と再発防止策
・前科・前歴がない
・実刑判決になった場合の家族・社会への悪影響

ひき逃げ事件を起こして執行猶予をご希望の方は、交通事故・交通違反事件に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談ください。