名古屋の飲酒運転 交通事故・交通違反事件を秘密にしたい

2014-06-10

名古屋の飲酒運転 交通事故・交通違反事件を秘密にしたい

名古屋市中区在住の公務員Aさんが飲酒運転をしたとして愛知県中村警察署に逮捕されました。
県庁職員のAさんは、飲酒運転で逮捕されたことが県庁に知られてしまうと懲戒処分を受けてしまいます。
そうなる前に、事件が明るみになる前に、何とか事件を秘密にしたいと、Aさんはご家族に頼んで弁護士事務所に相談に行くようお願いをしました。
Aさんの奥様が交通違反・交通事故に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所に相談に来ました。
「何とか、飲酒運転での主人の逮捕が世間や県庁に知られないように弁護活動をお願いします。」

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所での「交通違反・交通事故を秘密にしたい」時の弁護活動を見ていきましょう。

交通違反・交通事故で警察に検挙・逮捕されると、交通違反や交通事故を起こしたことが職場や学校に知られてしまう可能性が出てきます。
交通違反・交通事故事件が職場や学校に知られてしまうと、刑罰という法律的な制裁の他に、会社や学校において解雇や退学などの懲戒処分を受ける可能性が生じます。
近年は、人身事故・死亡事故を起こした場合だけでなく、飲酒運転、無免許運転などの悪質な交通違反に対する社会的な非難が高まっており、これらの交通違反・交通事故事件では職場や学校における懲戒処分も厳しくなる傾向にあります。
このような懲戒処分による社会生活上の不利益を回避するためには、交通違反・交通事故に強い弁護士による迅速で的確な弁護活動が不可欠になります。

交通違反・交通事故を秘密にするための弁護活動
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、以下の弁護活動を行うことで、交通違反・交通事故事件の加害者や容疑者とされた人が、会社や学校において解雇、退学などの懲戒処分による事実上の不利益を回避できるよう尽力致します。
・早期の釈放
・早期の示談
・報道・公表回避
・報道内容の訂正・削除

具体的な内容は次回に続きます。

飲酒運転を起こして、事件を秘密にしたいときは愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。