名古屋の飲酒運転 早期の釈放で事件を秘密にしたい

2014-06-10

名古屋の飲酒運転 早期の釈放で事件を秘密にしたい

名古屋市中区在住の公務員Aさんが飲酒運転(酒気帯び運転)をしたとして愛知県中村警察署に逮捕されました。
県庁職員のAさんは、飲酒運転(酒気帯び運転)で逮捕されたことが県庁に知られてしまうと懲戒処分を受けてしまいます。
そうなる前に、事件が明るみになる前に、何とか事件を秘密にしたいと、Aさんはご家族に頼んで弁護士事務所に相談に行くようお願いをしました。
Aさんの奥様が交通違反・交通事故に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所に相談に来ました(フィクションです)。
「何とか、飲酒運転(酒気帯び運転)での主人の逮捕が世間や県庁に知られないように弁護活動をお願いします。」

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の事件を秘密にしたいときの弁護活動について詳しく見ていきましょう。

早期の釈放 
飲酒運転(酒気帯び)のような交通違反・交通事故で愛知県中村警察に逮捕・勾留されたAさんは、1つの事件について最大23日間、愛知県中村警察署の留置場などに身体を拘束されることになります。
また、逮捕・勾留されたまま起訴されて正式裁判にかけられた場合には、裁判中も自動的に勾留による身体拘束が継続されてしまいます。
逮捕・勾留されたAさんは、逮捕・勾留期間中は会社に行くことはできません。
逮捕・勾留による身体拘束が長期化すれば、飲酒運転(酒気帯び運転)のような交通違反や交通事故を起こしたことを隠したまま職場を休み続けることは困難になり、職場に事件のことが知られてしまう可能性が高くなるのです。
逮捕・勾留期間の早い段階で弁護士をつければ、弁護士から警察や検察、裁判所に対して、釈放・保釈によって身体拘束から解放してもらえるよう働きかけてもらうことができます。早期の釈放に成功すれば、職場に知られずに社会復帰できる可能性が高まります。
ただし、釈放は時間が経つにつれて難しくなります。
交通違反・交通事故事件は時間との勝負ですので、飲酒運転(酒気帯び運転)のような交通事故・交通違反事件で逮捕されたらまずは愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の釈放・保釈に強い弁護士までご相談ください。

次回に続きます。