名古屋の覚せい剤事件 刑事事件で逮捕されたくない

2014-05-22

名古屋の覚せい剤事件 刑事事件で逮捕されたくない

 

覚せい剤を所持していたとして名古屋市中区在住のAさんが警察から呼び出しを受けています。
Aさんが愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所に刑事事件の相談に来ました。
覚せい剤事件で逮捕されないためにはどうしたらよいか?
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士の覚せい剤事件で逮捕されないための弁護活動をお話しします。

覚せい剤事件のような刑事事件でおいて逮捕されないための弁護活動としては次のようなことを行っています。

・警察署への付添
・取り調べ対応についてアドバイス
・逮捕しないよう警察に主張し、働きかける
・報道・公表されないよう警察に働きかける

では、刑事事件で逮捕されないためには具体的にはどうしたらよいのか?

刑事事件の中で、被害者がいる犯罪であれば、事前に被害者と示談をすることで、事件化や逮捕を防ぐことができます。
この場合、示談交渉はできるだけ弁護士に任せましょう。
当事者間で直接示談をしようとすると、被害者の怒りや恐怖感を助長して、却って状況が悪化したり被害者の通報等により逮捕されたりする危険があります。

刑事事件の中で、今回の覚せい剤のように被害者がいない犯罪であれば、警察からの呼び出しにはきちんと対応する必要性があります。「自分は決して逃げませんよ、警察の捜査に協力しますよ。」と警察に思わせておくことが大切です。また、身元引受人がきちんといることも大切です。そうすれば逮捕されない可能性も出てきます。任意出頭・取り調べ前に、対応方法を弁護士に相談しておくと良いでしょう。

刑事事件逮捕されないか不安の方、出頭・取り調べについて不安な方は、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所がお力になりますので、まずはお電話下さい。